30. あと一歩の距離(1)

 寮に近い門から入ろうとしたら、もう住んでいるわけではないのだから、と開けてもらえなかった。

 では、と表門に回れば、何の用だとすったもんだの遣り取りになった。偶々たまたま倖奈ゆきなの顔を知っていた軍人が通ったから良かったが、毎度この調子で守衛と遣り合うのでは、参ってしまう。

 何か簡単に中に入れてもらえる手段を用意しようと考えて、何かとはなんだ、と一人で溜め息を吐いた。


「寮から出たら、『かんなぎ』として働けなくなるのね」


 美波が寮から移りたがらなかった理由はか、と呻く。

 自分ももっと働きたいと訴えるべきだったのだろうか、だけど万桜が喜んでくれているのだから、と足元がふらつく。臙脂色の絨毯が絡みついて、更に進みづらくなる。


 どうにかこうにか階段を昇り、中庭を見下ろせる廊下に出た。

 窓の外、煉瓦で舗装されたところに一部隊整列している。翻る旗が、それが第五部隊だと告げる。


 開けたままだった窓からそれを見下ろした。

 最後尾に立つ頭一つ大きいのは颯太そうただろう。遠くからでも分かる。初めて会った時よりも、大きくなった肩。曲がらない背筋。馴染んだ軍刀。


「いいなぁ……」


 呟く間にも、視線は滑らかに最前列へと動く。数人、列と向き合うように立つ人たち。その中心はもちろん部隊長だ。


史琉しりゅう


 隙なく着込まれた濃紺の肋骨服の襟で徽章が輝く。制帽の下、今は眼鏡をかけていないらしい。変わらず口の端を上げて、鋭い声を飛ばしている。

 その冴えた視線が皆を見回して、ふと、建物へも向けられた。

 ぎく、と体を揺らす。つい、窓の影に身を翻す。そして、肩を落とした。


――何をしたいの。


 寮へ辿り着くまでの間に、日はだいぶ高いところまで登ってしまった。


 一階の一番広い部屋、天鵞絨ビロード窓帷カーテンが揺れるその部屋に今、『かんなぎ』は数える程しかいない。

 その中の、大きな窓の傍の長椅子に座る人が顔を上げて、視線が合った。


「美波」


 今日は何故か、黄色の着物だ。百合や薔薇といった洋花の刺繍が踊っている。

 ちらり、と倖奈は自分の着物に視線を落とした。今日もまた鬱金色の袷に深緑の袴、今年になって身に付けるようになった色だ。さらに、手拭を利用して半襟を作るという小技を使っている。おさげ髪だけは今までどおりだけど。


 ぎゅっと拳を胸の前で握って、扉をくぐったすぐで立ち止まる。膝の上の雑誌を閉じて、彼女は手招いてきた。


「本当に来たの」

「来たわ」


 ひくく応じると、笑われた。彼女の視線が、頭のてっぺんから爪先までずるりと滑っていく。さらに身を固くする。美波はもう一度笑いなおした。


「今来てもやることないわよ。みんな出かけた後だもの」


 しつこく手を振るので、渋々近寄る。彼女も含め、ここに残っているのは出不精な性質たちの者ばかり。


泰誠たいせい常盤ときわも出かけたの?」

「ええ。今回は都中で調査したいからって、手分けするんですって」

 瞬く。そこにもう一人、中年の男がひょっこりと寄ってきた。

「手伝ってくれるか」

 ぎゅっと眉を寄せて頷く。みぞおちの上が痛む。


「何を調べるの?」

「この間おまえが見た、神社のご神体から魔物が出てきた騒動があるだろう? あれと似たような話がないか探すんだ」

 無精ひげをいじりながら、彼は倖奈に地図を差し出した。碁盤の目が描かれた都の地図だ。

「泰誠と常盤は、南の稲荷を探りに行っている。他にも、ここに近い神社と東側の社をだな……」


 そう言って、男は地図を転々と指さす。

 鎮台は右上――やや北東より。道には路面電車の線路も記されている。その途中にいくつも、朱で×印。


「印を付けているのは?」

「第五部隊の方で目星をつけたところだ」

柳津やないづ大尉が考えってくださったんですって」


 ふふ、と美波が言葉を挟む。つい、眉を寄せてその顔に見向いてしまった。

 輝く黒目。そこに映っているのを知りたくなくて、目を背ける。その分、地図を睨む。


「この、鉄道駅に近いところは、この間の神社よね?」

 殊更ゆっくりと問うと、男は頷いて、手を打った。

「そうだ。そこの調査はおまえが行けば世話なしじゃねえか」

「え?」

 首を傾げると、男は一つ咳ばらいをした。

「似たようなことが以前も起きたことはないか神主に聞いて来いよ。顔が通じてりゃ話も早いだろ? 今日は遠出している連中が多いから尚更、近場を頼むぜ」

「う、うん」

 ぱちぱちと瞼を動かして、頷く。


「ご神体から魔物が出てきたことが他にもなかったかとか、聞いてくればいいの?」

「おう。任せた」


 ばしばしと倖奈の背中を叩いて、男は離れていった。

 その先で、大きな机に他にも本や書類を広げてうんうん唸っている。

 もう一度瞬いて、倖奈は美波を見た。


「浮かれて怪我しないようにね」

 ふふ、と笑われる。きつく、自分の袖を掴む。

「厭な目には遭いたくないでしょ?」

「もちろん」

「大事にしてくれる人がいるなら、自分を大事にしなきゃね」


 そう言って目を細めた美波の手には見慣れない指輪。洋渡りの、いかにも値が張りそうな黄金のものだ。まるく整えられた紅玉ルビーが添えられているのが彼女らしい。


「これ、素敵でしょう」

 と、反対の手で触れて、美波は紅を佩いた唇で弧を描いた。

「頂いたの」


 誰に、と言いかけて唇を噛む。美波は視線だけで、羨ましいでしょう、と問いかけてきた。




 人々と木々がこっくりとした色合いをまとう午後。乾いた空の下で路面電車に揺られる。

 目的地にはあっという間についた。


――この様子じゃ、迷うこともできないわ。


 一番近い停車場から朱色の鳥居まで、ひっきりなしに人が続いているのだ。

 纏う着物の形は和装から洋装までバラバラ。年頃も一致していないが、男が多い。カメラや帳面を持った人が多い。

 皆が皆、記者なのだろうか、と眉を寄せたところで。


「フロイライン!」

 声がかかる。

いつき――こんにちは」

 眉を下げて振り返る。


 いつもの珈琲色の三揃いに山高帽を被った彼は片手を上げて、駆け寄ってきた。


「良かったよ、逢えて。最近、連絡が取れなかったから心配していたんだ」

「……え?」


 瞬く。斎も目を瞬かせた。


「何度も電報を送ったでしょ?」

「……知らない」


 呆然と呟く。斎が顔を歪める。


「嘘だ。ちゃんと鎮台に宛てたよ?」

「鎮台に…… そうか、 私が引越ししちゃったからだ」

「え? お引越し? それで手元まで行かなかったの?」


 斎が唇を曲げる。


「そうだとしても、鎮台のお仲間が教えてくれればいいのにね。冷たいなぁ」

「ごめんなさい」

「まぁいいよ。無視されていたわけじゃないなら、ね」


 それに、と笑い、斎は鳥居の中を見た。

「フロイラインに逢えて助かった。ちょっと、力を貸して」

 首を傾げる。彼はイヒヒと笑った。


「本当は大尉殿が最適ベステだと思うけど、この間は君もいたものね。神主さんも警戒しないでくれるかもだし」

「え?」


 ぱしっと手首をとられる。引かれる。

「離して」

「いいからいいから」

 言って、斎はぐいぐい進む。

 鳥居を潜った先、砂利の敷かれた境内は人で溢れている。


「同業者だらけだよ」

 斎が小声で言う。

「皆、先日の騒動の続きを知りたがっているんだよ」

「あれからまた、何かまた起こっていたの?」

 肩と声を落として問うと、相手は違う雰囲気で声をくぐもらせた。

「何もないのに、作ろうとしているんだよ。起こっていないことは起こっていないと書けばいいのに、面倒くさい」

 うん、と頬を引き攣らせる。


 そしてきざはしの反対側に一人男が立っているのを見た。白い小袖に紫の袴――先日の神主だ。

 彼を取り囲むのは、それこそ年頃も装いもバラバラの人たちなのだが、一様にぎらついた眼差しをしている。


 わあわあ響く、いくつもの声の合間を縫って。

「いい加減、取材は勘弁してくださいよ」

 神主がぽつりと言った。

「何度問われても、お話しすることは変わりませんよ。ここの縁起は、魔物を治めた武士を祀ることからです。そして、魔物はこの間の一回しか出ていない。もう充分でしょう」

 それに被せるように、いやそうじゃないだろう、と訝しがる声が響く。


 見上げれば、斎は肩を竦めた。

「ああいう邪魔な手合いを追い払わないと、突っ込んだ話ができそうにないね」

 ごきっと首を鳴らし、彼は一人で人だかりに歩いていった。


 自由になった手首を反対の手でさすってから、周りを見回した。

 スギが空に伸びる合間に、ツワブキとサザンカが揺れている。

 風に頬を撫でられて、ぎゅっとおさげ髪の先を握る。もう一度見回す。

 緑の葉が僅かに曇って見える。砂利が軋んだ。


――この間は子ども達が遊んでいたのに、いないね。


 世間話に興じている婦人たちも、拝殿に下がった鈴を鳴らす人もいない。

 野太い声ばかり響く境内。


「いつもと違うの?」


 ふと、口から零れた言葉に、眉が寄った。辺りが少し暗くなった気がした。そのまま拝殿を、その奥を睨む。


 すっと騒ぎ声が遠くなった。


 踏み出して、階に足をかける。木の板と草履が打ち合ってコンッと鳴った。そろりそろりと登って、拝殿の戸に掌を当てる。

 呆気なく開く。

 ほのぐらく、ひんやりとしたその中に踏み込んで、倖奈はさらに奥を見つめた。


 野菜や酒瓶の並んだ祭壇。立てかけられた榊と御幣。その奥にはまた階――本殿へ、この社の主を祀った処へと続くのだろう。

 喉がひりつく。

 後ろでガランガランと音がしたので、体を小さくして振り向く。開け放したままの扉の外で、社頭の鈴が鳴ったらしい。麻縄がぐるんぐるん揺れている。


「びっくりした……」


 前に向き直って、もう三歩踏み出した。

 祭壇の横を抜けて、注連縄で区切られた前へ。こめかみから首へと汗が流れる。


 縄の影で煌めく物が見える。鏡だ。先日の騒動で魔物が吸い込まれた、それ。平らかなそこに黒い影が映っている。


 もう一度、汗が流れた。背中が冷える。

 短い呼吸を繰り返しながら縄を潜り、鏡に手を伸ばすと、ぴたりと指先が吸い付く。

 途端、中から黒い靄が長く伸びてきた。


 息を呑む。鏡が床に転がり落ちる。後ずさると、腕が何かにぶつかった。

 構わず、一つに絡まった靄は迫ってくる。

 左手で振り払う。千切れた欠けらだけが風に紛れていって、残りはまたぐるりと絡み合う。


 ふとい、ふとい蛇だ。その無いはずの口が動いた気がしたから。


「怖くないわ!」

 砕けかけている腰を叱咤した。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます