28. 女の戦い

 風がイチョウの葉を一枚、部屋に滑り込ませてきた。

「掃除は済んでいるんだから、勘弁してちょうだい」

 倖奈ゆきなは畳の上で踊るそれを捕まえて、窓の外に放った。

 振り返った部屋の中はこれまでと変わわず、桐箪笥と小さな棚と文机が置いてある。中身は空っぽだが。


「荷物は全部かな?」

 ひょいっと戸口から顔を出した泰誠たいせいに、頷く。

「ありがとう。重たかったでしょう」

「僕らがやるのは、建物の入り口までだけだから。その先は、荷受けの人が運んでくれるよ」

 もう出発したよ、と笑う彼に続いて、階段を下りる。


 臙脂の絨毯が敷かれた玄関口には、常盤ときわが不機嫌な顔で立っている。


「女の荷物はどうして多いんだ」

「着物しかなかったのに」

「その量が異常なんだ」

「いやあ、あれくらい可愛いものでしょ」


 ねえと泰誠が首を傾げ、周りの女の『かんなぎ』たちが笑った。


「少ない少ない。わたしならあの三倍」

「三倍じゃ効かないわ。四倍よ」


 ころころと声が響く中で、倖奈は手元の荷物をぎゅっと抱きしめた。


「大事なものは自分で持っていくようにね」

「ええ」


 お座敷籠――黒い藤の底に巾着がついたような形の、そこそこ大き目の籠。この中に通帳や印鑑といったたぐいを全部詰め込んだ。『ただの紙』も入れてある。

 頭をぽんぽんと撫でられて見上げれば、年上の娘が涙ぐんでいるのと目があった。


「寂しくなるわー」

「そんな、会えなくなるわけじゃないのに」

「それでもよ。毎日顔を合わせていたのが、時々、になっちゃうんだから」

「寂しいの」


 わっと五人に囲まれて、身を縮ませる。今度割り込んできたのは常盤だった。


「構い過ぎだ。ここで油を売っていないで、宮様にご挨拶して来たらどうなんだ」

「ああ、そうだね。僕も一緒に行こうか」


 ふんわり泰誠も笑う。

 どん、と背中を押され、出かける格好のまま表の棟へと歩き出した。



 苔色の袴が揺れる。鬱金色の袖も、同じく。



 早足で辿り着いた司令官室にはすぐに通してもらえた。


「色の宮妃殿下の家に引っ越しだって?」


 秋の宮――鎮台の司令官は、奥の大きな机で、片肘をついて書類を広げていた。

 濃紺の肋骨服に、胸には三つの勲章。袖では金糸が煌めく。すらりと背の高いその人だけれども、今は椅子に座っているから、その視線は倖奈より低い。

 問いに頷いてから、ゆっくりと腰を折った。


「言い方は悪いけど、老い先短い人だからさ。少しでも気楽に過ごせるよう、よろしく頼むよ」

「はい」

「鎮台には来るんだろう?」

「そのつもりです」


 もう一度頷くと、横で泰誠が微かに声を上げる。

 濃い緑の小袖に狐色の袴という書生姿の彼は、部屋を出てから、問うてきた。


万桜まお様のお屋敷からここに通うのかい?」

「いけない?」

「駄目ではないけど…… 万桜様のお傍にいることが目的で移るのに」


 苦笑いされる。むっと唇を尖らせた。


「昼間だけよ。ちゃんとお食事は万桜様と一緒に取るようにするわ」

「往復のくるま代も馬鹿にならないよ?」

「歩くから!」


 勢いよく顔を上げて、見つめる。さして背の高くない彼は、まっすぐに見つめてくる。


「……本気、だよね」

「そうよ」

 ぎゅっと見つめ返す。

「そうか…… そうだよね。やっと、君の力を魔物にどうぶつけるか、見えてきたんだものね」

 彼は笑い方を改めた。

「直接ぶつけるなんて、僕には思いつきもしなかったなぁ。

 何より、僕は君を最前線に出したくないんだけど」


 首を振って、彼はクスクス笑い始めた。


「あーあ。軍人に戻ろうかな」

「どうして?」

「だってねえ。やっぱり刀の方が戦いやすいんだよ?」


 合わせるように微笑んで、視線は、廊下に長く伸びる臙脂の絨毯に落とした。



 この廊下がつながった何処かにいるはずの人が翻す刃が、頭をぎる。



 寮の前に戻ると、俥がつけられていた。

 車夫はその横で大きな欠伸をしている。

「呼んでおいたぞ」

「歩くのに」

 腰に手を当てて立つ常盤を、じっと見上げる。横で泰誠が吹き出した。


 同時に、ぎい、と玄関の扉が開く。中から出てきたのは美波みなみだった。

 今日の着物は唐草牡丹が描かれたものだ。帯の藍色が淡い紅を引き締める。何処にも咲いていない花の香りを漂わせる彼女を、ほう、と見上げる。


「美波もお出かけ?」

「あなたと一緒に行けって、常盤がうるさいんだもん」

「一緒にお引越ししてくれるの?」

「しないわよ。お見舞いだけ、すぐ帰る」

「二人ならやっぱり、今日は俥を使って行けばいい」


 にこ、と笑う泰誠に、美波は首を傾げた。


「今日は?」

「明日からは歩くって言うんだもの。ああ、明日からも、こちらにも顔を出すって倖奈が言うから」

「当然だ。『かんなぎ』の領分を忘れてもらっては困る」


 常盤のきつい声音に、初めてほっとした。つい、頬が緩む。


「もっと引き締まった顔で来い」

「うん。気を付ける」

 片手で、ぺち、と己の頬を叩いて。

「ありがとう」

 言うと、常盤は瞬いて、そっぽを向いてしまった。


「常盤もああ言っていることだし――おいで。その代わり、ちゃんと万桜様と話すんだよ。ああ、決めたことは先に電話で教えてくれるね」

「電話、苦手」

「文句言わない」

 泰誠には、ポンポン、と頭を撫でられた。


 美波は手鏡を覗き込んで、前髪を撫でつけている。


「じゃあ、美波、行ってらっしゃい。倖奈も行き来には気を付けて」

 二人並んで乗ると、表情を引き締めた車夫が勢いよく走り出した。



「向こうでごろごろしてればいいのに」

 風の中でそう言われ、首を横に振った。

「厭よ。めいっぱい頑張るって決めたの」

 すると美波は、ふうん、と息を吐いた。

「どんなふうに?」

「具体的に何をするかは考えてないわ」

 でも、と倖奈も軽い溜め息をつく。

「ただ、このままじゃいたくないの」


 美波はじっと見つめてくる。紅に染められた唇が動く。

 ちょうど俥が大きく跳ねた。


「ごめんなさい、聞こえなかった」

 美波は眉根を寄せた。

「ねえ、もう一回言ってくれる?」

 かぶせて言う。


 彼女は口元を歪ませて。低く呟いた。

「勝手に変わらないでよ」

 瞬く。

 何も言い返せない。



 万桜の邸の門前で、俥から降ろされる。車夫は甲高い鼻歌を歌いながら去っていった。

 風が吹き、美波の香りが一段と舞う。


「美波?」


 二人の間は今迄より遠い。

 呼びかけが届いたのか不安になってきた頃、彼女はやけにけわしい顔立ちを向けてきた。


「魔物が祓えるようになったからって、浮かれているの」


 ぎゅっと籠を抱きしめる。目を限界まで開いて、美波を見つめる。


「ちょっとおしゃれできるようになったからって、ご機嫌になっちゃったの。

 ……調子に乗らないでよ」


 瞬間、ぱあん、と頭の中で何かが弾けた。


「別に、調子に乗ってなんかない!」

「嘘つけ!」

「嘘ついてない! それに、それに……

 頑張って頑張ってできるようになったことを喜んで、何がいけないの!?」


 叫ぶ。


「やっと『かんなぎ』として役に立つって認めてもらえたの。泰誠にも、常盤にも、認めてもらえて嬉しいの。おしゃれだって、真希まきや店員さん達に沢山教えてもらえて嬉しくて、黄色を着るのは似合うって言ってもらえて、楽しくて――」


 はっと息を継ぐ。

 美波の薄紅の袖が風にあおられて広がった。

 何度も肩を動かしてから。


「美波」


 もう一度名前を呼ぶ。


「桃色、桜色、薄紅。そういう色、好き?」

「突然何?」

「赤い色、好きよね」

「そうね」

「なんで」

「女らしくて綺麗でしょ?」

「ええ…… 美波によく似合っているわ」


 きゅっと眉を寄せつつも、美波は唇を綻ばせた。

 だけど。


「わたしが今着ている黄色は?」


 問うと、また唇は引き結ばれた。


「浮ついている? 落ち着きがない色? わたしには、似合わない?」

「か、鏡を見れば分かるんじゃない?」


 そう言った美波の唇はきつく噛み過ぎたのか、紅が僅かに剥げている。

 なんて醜い顔なのだろう、今の美波は――そしてきっと、自分も。


「鏡を見たら分かるかしら」


 籠に爪を立てた。

 ひょう、と乾いた風が通りを走り過ぎる。


「別に…… どうでもいいじゃない」

 美波の声もからからだ。

「よくない。教えて」

 喉に絡みつく声を、押し出す。


「美波は、わたしにお洒落をさせたくないの?」


 見つめていた顔が、みるみるうちに、あおくなる。指先も、頬も。

 美波は右手を振り上げて、ぐっと拳を握った。

 身を竦める。

 拳はしばらく宙に浮いた後、静かに美波の胸元まで降りていった。


「ずっと一緒だったじゃない――あんたはわたしの陰で静かにしてたじゃない」


 なのに、と吐き捨てられる。


「本当いいわよね、楽しそうで。お洒落して、恋人と手を繋いで、それで満足? あんたばっかりいい目を見て、わたしはなんなの。莫迦みたいじゃない」

「恋人なんかいない」


 叫び返す。

 だが、美波の見開かれた眸はギラギラと燃えている。


「じゃあ、この間はなんだったのよ! 一緒に外から帰ってきて、わざわざ寮の前まで送ってくれて。電報の送り主、本当は柳津やないづ大尉だったんじゃないの? 」

「違う!」

「嘘ばかり!」

「本当に違う! 電報はいつきよ」

「別の男までいるの!? なによ、一人じゃ満足できないの、この売女ばいた!」


 ぎょっとして、動きを止める。美波は肩で大きく息をしている。


「あんたなんか、子どもなくせに!」

「美波だって同い年じゃない!」

「一緒にしないで!」


 何が違うというのだろう。美波と自分。何が違う。

 あう、と呻いた後。


「もういい!」


 美波が今日一番の大声を上げた。

 砂利を蹴立てて、草履を鳴らして、美波は来た道を走っていった。


 その背中が人波に紛れても、そこから一歩も踏み出せない。


 ぼろぼろボロボロ涙が落ちる。何が何だか分からない、と手の甲でそれを拭った。次々に落ちてくるから、休まずこする。袖や裾に濃い染みが出来ていく。

 酷い顔だろうな、としゃくりあげた。



 腫れた瞼のまま、万桜の前に座る。

 気付かないふりをしてくれているのか、見えていないのか、老女は何も言わない。


「今日からお世話になります、よろしくお願いします」


 きっちり指を揃えて、頭を下げる。


「こちらこそですよ」


 穏やかな声が返ってきて、ほっと息を吐いた。


「部屋はもう見てきましたか? 何か不便があったら遠慮なくおっしゃいね」

「えっと…… あの、無ければ、自分で一つ買いたいものがあるのですけど」

「何をですか?」

「鏡台です」


 掠れそうな声で言ったのに、万桜は頷いた。


「それならば、私が二つ持っていますから、一つ運ばせましょう」


 早速、住込みの庭師がよいせよいせ運んでくれた。

 それを見ていたら、シロが笑いかけてきた。


「色気づいたのう」

「違う」

「ほほう? 大尉殿じゃないのか?」

史琉しりゅうは関係ない」


 強く言い切ると、ぱちくり瞬かれたが、俯いて、宛がわれた部屋に引き籠る。


 香りの強い、新しい畳の上にずるずると座りこんで、きつく目を閉じる。

 ゆっくりと彼の姿を瞼の裏に描き出す。

 あの背中は凜として、決して揺らぐことがないというのに。

 なんという差だろう。


「わたしは、みにくい」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます