26. かきまわさないで(2)

 くろい、伸びた爪が、ほんの一息前まで倖奈ゆきなが立っていた空間を裂いた。

 勢いの止まらなかった腕につられて倒れた男は、地面を転がっていく。

 それを見送りながら。

「まるで獣だな」

 肩を掴んできた彼の、ひくく嗤う声を聞いた。


 衣越しの体温だ。倖奈はちゃんと着物を着ているし、史琉しりゅうは手袋を嵌めている。

 それでも熱い。

 白に覆われた指先の熱が、琥珀色を通りぬけて、肌に、躰の真ん中に、伝わってくる。

 息が止まりそうになって。


 あかくなりかけた気持ちは、すぐに引き戻された。

 鼓膜を打つのは咆哮。両腕を突っ張って立ち上がった男が放ったそれだ。

 あちらこちらから悲鳴も上がる。


 男は、のそのそと踏み出して、境内を進んでいった。

 人が散らばる。その中から、神主様、と呼ばう声が届く。

 くろい爪がゆらりと持ち上がり、宙を舞うケヤキの葉を切り裂いて、さらに伸びていこうとする。

 倖奈の肩から温もりが離れていく。


「史琉」

たおせばいいんだろう?」

 そう呟き、彼は一歩前に出た。

如何様いかように?」

 横に立つシロが嗤う。


 ふんと鼻を鳴らし、史琉は一気に駆けた。

 男に追いつくなり、腕を掴み、引きずり倒す。男はまたゴロンと地面を転がっていった。

 転がった先で、間を開けて、男はまた、ふらりと起き上がる。白かった袖は泥だらけで、風を受けて広がる。史琉は舌を打った。


「頭でも打ってくれれば良かったのにな」

 一際大きく鞘を鳴らす。

 男は歯を剥き出して、吠えた。

「少しはビビれよ――真っ当な反応を期待する方が間抜けか」


 刃が鞘から滑り出る。

 鋭い爪を弾き飛ばして、突き出されたそれはあっさりと直垂の袖を裂き、中の腕も斬る。

 赤い飛沫が飛ぶ。また悲鳴が上がる。


れものはまだ只の人だからのう」

 間延びしたシロの声も響く。

「普通に斬ったら、死ぬぞ」


 はっとして隣を向けば、彼は歯を見せて笑っている。


「斬ったら、死んでしまうの?」

「只の人じゃからな、当然じゃろう。殺すつもりか?」

「死ぬまで止まらなかったらどうするつもりだ」


 眉を痙攣ひきつらせた史琉に向かって、『人』は大きく跳ねた。体を捻ってそれを交わして、柄を背中に突きこむ。

 ごつん、と音が立つ。


「骨でも折るか?」

「まあ、動きを止めるだけなら有効じゃな」


 べたんと地面に伏せた男が吠える。伸びた爪が振り回されて、土が抉れて、礫となって、遠巻きにした人々に当たる。

 史琉は頬に受けた一つを払い落とし、男の背を踏んだ。


「だが、動けなくするだけでは解決にならない」

 足下で、バタバタと手足が揺らされているのに構わず、史琉は目を細める。

「正気に戻す方法は?」


 底冷えした視線が、シロを、倖奈を見た。

 背筋が伸びる。ぎゅっと袴を握りしめる。


「シロ」

 掠れ気味の声で呼びかけると、首を傾げられた。

「さっき、あなたは『れもの』と言ったわ」

「そうじゃな」

「人の体に、魔物が入っちゃったってことよね」

「聡いではないか」


 ニヤニヤ笑いを横目で見てから、史琉に踏まれて呻いている男を見遣る。


「あの人の体から、魔物を追い出せばいいの?」

「そうだ。荒魂を祓ってやれ。押さえつけられている元の魂を引きずり出してやれ」

「どうやって……?」

「そこは倖奈の出番じゃよ」

「……わたし?」


 声が裏返る。彼は手を叩いて、顔を突き出してきた。


「おぬし、花を咲かせる時はどうしている?」


 口の端を上げた顔を見つめて、瞬く。


「どうしてって……」

 改めて問われて、口が空回る。

――なんだろう。

 忙しく、瞬く。


「何故花が咲くのか、考えたことは?」


――無かった。


 指先に力がこもって、瑠璃色の袴に皺がる。

 シロが着た絣の着物は、染みもなく真っすぐに伸びていて。

「わしの仮定ではな」

 声もしっかりと響く。


「おぬし、相手に己の力を分けているんじゃろ? 生き延びる力そのものを、な。

 花だろうか人間だろうが、相手に関係なくできるのではないか?」


 呼吸さえも忘れて、シロの顔を見つめた。


「あのれものの元の魂に、ちょいと力を貸してやれ。さすれば、適当に荒魂を追い出すだろうて」


 ヒヒッとシロが笑うのと同時に、また多くの悲鳴が上がった。


「くそっ……!」

 もんどり打って転がって、跳ね起きた史琉が舌を打つ。

「なかなかの馬鹿力じゃないか!」


 片膝を付いたまま、ぶん、と刀を振る。爪と組みあって、ぎりぎりと押し合う。

 その相手の瞳は、濁ったまま。向き合った史琉さえ映していない。周りで呼ぶ声も何も聞こえていないらしい。


 甲高い音を立てて、刃が爪を捩じ切った。


 叫び声が響く。間を置かずに爪が黒く生えて、伸びる。

 男がその爪を突き出して、僅かに体を捻っただけの史琉の頬を、その先がわずかに掻いた。

 刀を投げ出して、史琉は男の手首を掴む。逆の手で、もう片方の手首もだ。


「さて…… どうしたもんかね」


 ぐいぐいと押されて、彼の革靴が地面に窪みを作る。

 その頬に赤い筋が見えて、倖奈は、ひっと小さく叫んだ。


 シロに肩を叩かれる。


 一歩、一歩、と踏み出して、その男の後ろに立った。薄いと見て取れる、直垂の背中に、そっと手を置いて。



 ぐん、とその手を引っ張られた。そう感じた。



 目が回る。

 体も、前へと倒れる。


「え……!?」

「倖奈!?」

 直垂の背中に顔を突っ込みそうになった瞬間、史琉は、男を振り飛ばしたらしい。


 濃紺の肋骨服の胸に受けとめられた。

 今度こそ息が止まる。

 一際大きな咆哮さえ、わずらわしい。


「今度はなんだっていうんだ」

「あの容れものから出て行くつもりなんじゃろ」

 横にやってきたシロがひゃひゃひゃと可笑おかしな声を立てる。

「倖奈、やってやったな。わしの見立てたとおりじゃよ!」


 呼ばれ、浅く呼吸を繰り返して、のそりと顔を上げた。

 頬に、頸にまとわりついてくる髪が邪魔だ。解いてしまわなければ良かった。

 顔の前にかかった髪の束の隙間から、境内の地面の上で男が手足をばたつかせているのが見える。

 何度となく土を叩き、砂利を飛ばした後。ぱたりと動かなくなった。


 しんと静まりかえる。

 その中で、男の口から黒い靄がひょろりと立ち上った。

 それはユラユラと宙を泳ぐ。

「あれは、魔物?」

 絞り出した言葉に。

「そう見えるな」

 自分を抱きかかえたままの人が応じてくれる。


 靄が離れていった男が呻いて起き上がる。

 泥だらけになった袖に目を剥いて。

「体中が痛い」

 ぼやいた彼を、ぱらぱらと皆が遠巻きにする。

 黒い影は、彼から距離を置いていく。


「おお、完全に出ていったのう」

 シロはまだ笑っている。

「今度こそ、ぶった斬れるかねえ?」

 くつくつ喉を鳴らして、史琉が立ち上がる。


 濃紺が離れていくと、冷たい風が体を撫でてきた。


 史琉が落ちていた刀を拾うなり、黒い影は、動いた。びゅん、と音を立てて、一直線に。

 その先にいた人たちが、わっと散らばる。

 人波から逸れた、立ちつくし目を丸くした白髪の男の口に、飛び込んでいく。

 ぐるん、と黒目が回る。濁る。


「容れものを変えたのう……」


 シロが、かくん、と肩を落とした。

 史琉は口許を歪める。

 白髪頭はぐらぐらと前後ろに揺れて、それからぐるんと踵を返し、鳥居をくぐっていった。


「逃げた!」


 誰かが叫ぶ。

 通りから、別の叫び声が聞こえてくる。


「追いかけてほうがいいんだろうな」

「じゃろうなあ。本来、この社に閉じこもっているべき荒魂じゃ」

「なんで突然動き出したんだよ」

「さあて、なんでだろうなぁ?」


 うひひひひ、とシロはまた笑っている。

 史琉はひとつ溜め息を吐いた。


「追っかけるか」

「……あの、魔物が入ってしまった人を?」


 頷き、史琉は走りだす。鳥居を潜り、通りに消えていく。


 何度も瞬いて、はあ、と大きく息を吐き出した。

 膝に力が入らないのに。

「いつまで座り込んでるんじゃ、行くぞ追うぞ」

 シロが乾いた声で言う。


「おぬしが行かぬで、どうやってじじいから荒魂を追い出すつもりじゃ」

 もう一度瞬く。唇は完全に乾いている。

「早くせい」

 斜に構えた視線に、まだ瞬いて。よろりと立ち上がった。瑠璃色の袴が、手首にかけた巾着が、重い。


 踏み出した後ろで。

「体中が痣だらけだ……」

「怠けていないで、さっさとご神体を貸さぬか」

 直垂の男とシロが話す声がした。




 昼間、人通りが多いのが憎い。

 白髪頭は、先ほどと打って変わった素早さと軽さで、通りを駆け抜けていく。

 それをかわして一息つかんとした人にぶつかる度に。

「あぶねえよ! ……って、軍人かよ」

 戸惑った声を浴び、謝罪を叫びながら、走る。


 何度も角を曲がり、真っすぐな堀縁に出た瞬間、腕を大きく振って、踏み出した。


 一息に距離を詰めて、飛び掛かる。

 二人、ごろごろと道を転がる。

 上になった瞬間に、男の腕を背中に捩じりあげ、地面に圧しつけた。




 歩いてしまったから、追い付くのに時間がかかり過ぎたらしい。

 そこには人だかりが出来ていた。

 真ん中の、地面の上に組み伏せられた男の顔は蒼白だ。

「さっさとしないと、このじいさんをることになりかねんのだが」

 かるい声に反して、史琉の顔は火照っている。


「なんとかできるのか、できないのか」

「追い出せばいいんじゃよ、ほれ!」


 シロはぽん、と倖奈の背を叩く。よろりと、その脇に立たされる。

 ごくり、と喉を鳴らしてから、両膝をついた。


 追い出すのは、乗っ取られた彼自身だ。倖奈は力を貸すだけ。


――頑張って!


 唇を引き結んで、乾いた頬を撫ぜる。


 また、腕を引かれたような、感覚に襲われる。

 まもなく、叫び声とくろい靄が白髪頭の口から飛び出してきた。

 靄は空に一度飛び上がって。ぐん、と引っ張られるように宙を横切っていく。

 その先には、泥だらけの直垂の神主。その抱える鏡にぎゅうっと吸い込まれていった。


「ほい。これでまたしばらく静かになるじゃろ」


 ぺちぺち、とシロが手を叩く。

 神主はがっくりと肩を落とした。

 白髪頭はピクとも動かない。


「どっか医者のところに担ぎ込んだほうが良いだろうな」

「おぬしもめいっぱい押さえつけたのぅ」

「悪かったな。加減なんかできなかったよ」


 見上げると、史琉は口許を歪めて、前髪を掻き上げた。ぽたり、汗が落ちる。

 その彼に腕を掴まれて、一緒に立ち上がる。くらっと頭が揺れたのをいいことに、彼にもたれ掛かる。


 濃紺の袖の下から、白い手袋の中から、また熱さが伝わってくる。ぎゅっと一度目を閉じて、必死に真っすぐ立った。


「鎮台でも警察にでも通報がいっていたら早いんだけどな」

「いえ、うちの社で手配しますよ…… とんだ大失態だぁ」

 やり取りが聞こえる。

 人だかりが騒めき、ほろほろ解れていく。


 その中で、カシャン、と乾いた音がした。


 はっと顔を上げる。すぐにその音の源は見つけられた。

 カメラだ。


いつき!」


 大声で呼ぶ。

 珈琲色の三揃いの背広を来た青年が、片手をあげてきた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます