22. おかしなおとこ

 小袖の襟を伸ばす。袴の裾を整える。編んだ髪の先をそっと肩の前に置く。右手首を顔の前に動かすと、ツンと甘ったるい匂いがした。


 息を詰めて、北向きの部屋の木の扉を叩く。

 中から聞こえた返事におかしな声が出そうになって、倖奈ゆきなはさらに息を詰めた。

 そうして入った部屋の中は、奥の机の前に座った史琉しりゅうがいるだけ。

「……皆さんは?」

「訓練中だ」

 書類から顔を上げて、彼は応えてくれた。濃紺の肋骨服は襟元だけ緩められ、白いシャツが覗いている。同じく白い手袋は揃えて、官帽と並んで机の端に置かれていた。

「監督は律斗りつとに任せてあるが、そろそろ終わる頃合いだろうな」

 そう言って、目を細める。

「新しい着物か」

 ほっと息を吐き出して頷く。

「この間出かけていた時にね、夏の着物を仕立ててくれた人にまたお願いしてきたの」

「そうか」

 相槌。心臓が跳ねる。

「変…… じゃなきゃいいのだけど」

「好きなものを選んだんだろう」

「そのつもり」

 と言って、視線を落とす。

 小袖は無地の鬱金うこん色。袴は、苔の緑。

 実は中も新しい襦袢なのだが、そこまで見えていたら大変だなと思っていたら。

「やっぱり、そういう色が好きなんだな」

 彼は、くくく、と喉を震わせている。

 頬が熱くなる。

「だって…… その」

「なんだよ」

 史琉がさらに目を細めるのに、また心臓が跳ねた。

「夏に着ていた色は、派手じゃなかった?」

「そんなことはない。年頃らしい色だと思ったんだが。まあ、いいさ。好きな物を着られるなら、それが一番だ」

「うん」

 ありがとうと小さく呟いて、彼と机を挟んで向かい合って。抱きしめすぎて曲がってしまった書類を差し出した。

「顔、真っ赤だぞ。熱でもあるのか?」

 定例のそれを受け取りながら、問われ。

「……きっと」

 正直に答えたら、彼の顔が険しくなった。

「違うの、なんでもないの」

 開いた両手を顔の前で振る。甘ったるい香りが空気の中に放たれていく。

 微かに史琉は眉を寄せた。

「なんか匂うな」

「その…… 香水を」

 細くなる息で応じると、彼は瞬いた。

「おまえでも付けるのか」

可笑おかしい?」

「分からん。最近はいろんな化粧があるな」

 今度の笑いは、ははは、という軽やかなもので。ぎゅう、と胸が締め上げられる。

「いつの間に手に入れたんだ」

「昨日ね、この着物を作ってくれている人と一緒に出かけてきて、その時に」

「楽しかったか?」

「ええ。教えてもらったカステラを食べてきたわ」

 すると、史琉は目を丸くした。

「食べたのか?」

 え、と呟いて、倖奈も目を丸くして。

「美味しかったわ」

 と答えた。

「その、着物を作ってくれている人もね。知っていて。二人で食べてきたの」

「そ、そうか」

 彼の頬がわずかに引き攣っている。

 倖奈の頬は温度を上げる。実は風邪をひいているのではないだろうか、と両手を当てて、内心首を捻る。倒れてから閉じこもっていたのに、続けて出かけたのがいけなかっただろうか。

 史琉も額に手を当てている。

「その…… 噂のクリームはどうだった?」

「あ…… 何も塗っていないのを頂いたわ。ザラメはついてたけど」

「……そうか」

 彼の溜め息が空中に逃げる。

「すっかり忘れてた。カステラってばかり思っていたから」

「そうか」

 笑みを向けられて、ほっと息を吐く。

「どんなクリームなのかしら」

「呼び方を聞いた気はするんだが思い出せないな。黒っぽい色で甘いんだというのは憶えているんだが」

「そうなの? 餡子みたいな感じ?」

「いや。洋風なんだよ」

「欧羅巴にも餡子があるの?」

「違う。ああ、本当に思い出せないな。黒というより栗色が近いらしいんだけどな。甘いというのも、こう、舌に残る感じらしくて」

 眉間に皺を寄せた史琉が唸ったところに。

「それはチョコレートだろう?」

 唐突に混じった三つ目の声。

 肩が揺れる。

「ああ、おかえり。律斗」

 振り向けば、戸口に部隊の副官が立っている。

「悪かったな、ノックもしないで」

 むすっと頬を膨らませて、彼が言うのに。

「問題ない」

 ははは、と史琉は乾いた声を立てた。

「終わったのか」

 問いかけには静かに頷いて、律斗も机の前まで歩いてきた。

 ガシャリ、と軍刀の鞘が鳴る。

「上々だ。次の哨戒の時間まで休憩でいいんだろう?」

「ああ」

 史琉もまた頷いて、二人の視線が壁時計に動く。

「あと一時間か」

「それまでに全部片付くんだろうな」

 律斗が机の上に広がった紙の山を指すのに、史琉はひょいっと肩を竦めた。

「何とかするよ」

 やや低い声。

 ばさり、と先ほど倖奈が渡した書類も鳴る。

「あの」

 と倖奈が声を出すと、二人に振り向かれた。

「……戻ります」

「ああ。ありがとうな、持ってきてもらって」

 ふっと笑いかけられ、また熱が上がる。誤魔化すために首を振る。戸口に戻って、取っ手に手をかけて、一度振り向いて。

「チョコレートは」

 と言うと、また二人が向いた。

「ああ…… カステラにかかっているんだってな」

 ふわりと史琉は言ったのに対して。

「今度食ってくればいいだろう!」

 律斗の声は尖っている。

 曖昧に笑んで、頭を下げる。

 扉を閉めた後。

「遠慮しないで行けばいいだろう!」

 また律斗の声が聞こえた。




 宛がわれた部屋で、息を吐く。

 狭いが、桐箪笥と背の低い棚しか置かれていない、簡素な部屋。

 棚の上に、薄い紙が積み上げられている。雑誌や新聞の切り抜き――ショールや革靴を合わせた着こなしを見せる写真や、まとめ髪の手順が書かれた記事たちが。

 先日、新しい着物と一緒に届けられた、真希や店の売り子たちからの「おまけの品」だ。

「もっとお洒落しろってことよね?」

 クス、と笑う。

 引出しから用意していたお代を取り出して、立ち上がった。

 肩の上で三つ編みが跳ねる。その先に最近つけるようにした細いリボンには気が付いてもらえていない。


 十月になった空は、さらに透き通り、青い。


 玄関で、両脇に本を抱えた泰誠たいせいと出くわした。

「お出かけかい?」

「着物を仕立ててくれた人にお代を払いに行ってきます」

 手を振って、門の外へ。

 出たところで。


 カシャ。


 耳慣れない、乾いた音がした。

 瞬く。通りに居合わせた誰もが見回す。

「カメラだ」

 その一言に続いて、「あれが」とか「怖いな」という声が聞こえた。

 極力流れは止めぬように動き続ける人たちの中で、一人、電柱によりかかって立つ青年がいる。


 二十歳をいくつか越えた頃合いだろう。眼鏡をかけて帽子を被り、綾織の三揃いの背広を着ている。首から下げている大きなそれが『カメラ』だろう。


 その彼と目が合った。

「こんにちは」

 にっと白い歯を見せて、彼はやおら歩み寄ってきた。一歩、退く。倖奈の二歩目より早く、彼が正面に立ってしまう。

「やっとお会いできたよ、フロイライン」

「ふろ……?」

お嬢さんフロイライン

 顔中に人懐こい笑みを浮かべたまま彼は言った。

 まじまじと見上げる。その首を持ち上げる角度が史琉を見上げる時と同じで、腹が立つ。

 唇を噛んで、ぎゅっと前だけ向いて、すっと横を抜ける。

「ちょっと、待ってよ」

 後ろから声がかかる。つい、振り向いてしまう。

「お話しできないかな?」

「出かける用事があるんです」

「じゃあ、その後でいいからさ。僕と付き合ってよ」

 にこにこしたまま彼は言う。

「やっと会えたって言っただろう? 次いつ会えるか分からないから。簡単にさようならできないんだ。分かる?」

 狭い歩幅で隣を歩いてくる男をぎゅっと見上げる。

「君と言う人に辿り着くまでに一ヵ月半。そして、鎮台からいつ出てくるのかと待つこと三日。この気持ち汲み取ってくれるかい、フロイライン?」

「知りません!」

 叫んで、やってきた路面電車に飛び乗った。

 だが、その中まで彼は付いて来る。

 座席に腰掛けた倖奈の隣に座ると、すっと腕まで伸ばしてきた。

 ずしり肩に乗っかってきた腕に、ぞわわ、と背筋が震えた。

「フロイラインはいい匂いだねえ」

「そ、そう、ですか」

「細かいところまで気を遣っている女の子は好きだよ」

「……そう」

 鉄道駅近くの停車場で降りても、まだ一緒にいる。

 いったいどこまで、この風呂の男はついて来るつもりなのか。

 馴染みの着物屋の入り口も一緒に潜ってきてしまった。

「あの……」

 そろり見上げる。この見上げた時の感覚が癪に障る。

「うん? 新しい着物を買うのかな?」

「いいえ」

「そうなの? 折角だからもう一枚」

「結構です」

 奥からやってきた真希は目を丸くしている。

 顔見知りの三人組は手を叩いていた。

「あらあらあら。素敵な男性を連れているのね!」

「ここに連れてきちゃうぐらい親しいのねぇ」

「次の着物もオネエサンが気合を入れて見立ててあげるわ」

 きゃいきゃいと三人に囲まれて、彼は鼻の下を伸ばしている。

「ねえ。アレじゃないでしょ?」

 親指でぐいっと示しつつ、真希だけは溜め息を吐いてくれた。

「あんなナンパなの、あんたらしくない。ま、軍人だって言ってたもの、違うわよね。あいつ、どっかのサラリーマンっぽい」

「そうなのかなぁ…… ずっと付いてきてて困ってるんだけど」

「あんた一人で追い払えないなら、あたしが言ってやろうか?」

「ありがとう。でも、何とか自分で言ってみるわ」

 倖奈と真希でまた溜め息を吐いた後。いつもより高い声に見送られて、外に出る。

「御用はこれだけかな?」

 風呂の男が笑う。

 倖奈は眉を寄せて、見上げた。

「笑ってくれないかなぁ……」

 とほほ、と彼は肩を落とす。

「折角の可愛いお顔が台無しだよ、フロイライン」

 それでも黙って睨んでいると、さすがに風呂の男も表情を改めてくれた。

「少しお時間を頂けないかな? 話を聞きたいんだよ」

「……どんな?」

「八月の末の話だ。夜中の大路に突然桜が咲いたが、翌朝には何も残っていなかった――これを成したのは君なんだろう?」

 ドクン、と心臓が跳ねる。また一歩退く。彼はキリリと引き締まった口元で続けた。

「鎮台にいる『かんなぎ』は不思議な力を発揮する人たちなんだというのは知っているよ。そして、その力で魔物を祓っているのだいうのも一般常識だ。その上でね。『かんなぎ』とはどんな人たちなのか、この先どんなが期待できるか。そういうことを僕はまとめたいんだよ」

 耳の奥が煩いのに、風呂の男の声は真っ直ぐに鼓膜へ届く。

「最終的にはね。『かんなぎ』がいれば軍隊はいらない、と言いたいんだ」

「軍、が?」

「そうだよ。あんな野蛮な集団はいらない」

 はっとわらって、彼は口の片端を上げた。

「君だって知っているだろう? 周囲の被害に無頓着な連中が軍隊だよ。あの晩、自動車で壊れた民家もあるんだよ。それ以前にだって、物を壊したり人を死なせたり。魔物との戦いだったから仕方ないと言うのが奴らの建前だが、本音はそうじゃない。戦うという形で暴力を振るう、しかも数に任せて乱暴な行為に出るのが奴らだ。表面はどんなに取り繕ったって、結局は人でなしなのが――」

「――史琉たちはそんなじゃない!」

 叫んでから、両手で口元を押さえた。

 そろり、と風呂の男を睨む。彼は両手も上げた。

「ごめん。軍隊の中にいる人については、ちょっと脇に置いておこう」

 ふう、とそのまま伸びをして。風呂の男は笑い直す。

「そういうわけでね。魔物を斃す集団は軍以外に考えないかを調べたいんだよ。ってことでちょっとお話しない?」

 倖奈も両手を下ろし、首を振った

「せめてお名前くらい聞かせていただいてからじゃないと」

「それもそうだ」

 ぽん、と手を叩いてから。彼は帽子を脱いだ。

「僕の名前は遠郷えんごういつき。よろしくね」

 右手を差し出される。瞬いていたら、すっと右手を持ち上げられ、握られた。

「魔物と軍に関することを専門にしている新聞記者だ」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!