11. さあ、牙を剥け(2)

 炎天下。

 桜星の旗が翻る。石畳を打つ革靴の音が轟く。

 その源は殺気立つ濃紺の肋骨服の集団。そのまま通りを駆け抜けるかと思われていたが、先頭を行く青年が右手を上げたので、皆がゆっくりと止まった。

 腕をめいっぱいに振り続けていた颯太そうたもまた、ぜえぜえ言いながら膝の上に両手を置いた。

「へばってる、へばってる」

 横に立つ男が笑う。

 颯太の倍以上の年の頃だろうに、汗を流すだけで呼吸は全く乱れていない。

 笑い声を立てて、彼は颯太の肩を叩いた。

「ひょろ長いだけだな~、おまえは」

「す、すびばせん……」

 謝るための言葉さえ荒い呼吸に飲み込まれて、恰好悪いことこの上ない。

「ま、一ヶ月でここまで走れるようになりゃあ、上出来だよな」

「……だ、だどいいんでずげど」

 ぐいっと顎を伝って来た汗を拭い、背筋を伸ばす。

――頑張る。俺、頑張るから、菜々子!

「その意気だ」

 先輩にまた笑われつつ、颯太は頷く。

 視線の先は、先頭を走っていた副官殿。この人もまた、髪の先に汗の滴を光らせている以外は常どおり。

 彼がひんやりとした視線を向けた先には、もう一つの集団――同じ第五部隊の別動隊がいた。

「半分は集まったかな」

 聞こえてきた高い声に、あ、と呟いて視線を動かす。

――柳津やないづ隊長も来てる。

 副官殿の前に進み出ていた人を見て、ごくり、と唾を呑み込んだ。

「情報を整理しようか」

 地図を、などの呼びかけの後に、何人かが中央に集まって喋り出した。首を伸ばすまでもなく、その様子が見える。ついでに 耳を澄ます。

「現在確認されているのは、1体。最初に出現したは、鉄道駅前の広場です。路面電車の後を付いて、通りを北に進んだと報告されています」

「路面電車の通り…… 一本東側の通りだな。今、ここで角を曲がった場合、魔物の前に出るか後ろに出れるか、予想できるか?」

「後ろです。何せ、魔物は途中で駅方面に引き返していったという話でして」

「ふうん? 何か原因でも?」

「襲われていた車両から逃げてきた者の話ですと、突然花びらが降ってきて魔物は逃げて行ったと」

「花咲爺でもいたのか?」

「さて…… 単に、季節の花がそこに咲いていたというだけではないでしょうか」

「まあ、理由はさておいて。北に向っていたのが途中で南に戻っていった、でいいのか?」

「はい」

「分かった」

 頷いて、隊長殿は副官殿を見向く。

「もう一度、隊を二手に分ける。南側と北側から挟撃するのでどうだ?」

「承知した」

 副官殿も頷く。その白い手袋をはめた右手は、握って開いてを繰り返していた。

「おまえ、正面から突っ込むの、好きだな」

「よく言う。着任前から突っ走っていたのはどいつだ」

「耳が痛いねえ」

 ははっと笑って、隊長殿は口の端をくっと上げた。

「じゃあ、勝負だ」

――何の!?

 颯太はぎょっとした。だが、二人はさも当然のように。

「じゃんけん、ぽん!」

 掌を開いて、前に出す。

「あいこで…」

「しょ!」

 ぐー、ぱー、またまたぱー、そしてちょき……

「決まらねえな」

 ぼそっと誰かが呟き、その直後、副官殿が高々と拳を挙げた。

 隊長殿の長い溜め息が響く。また誰がか――それも複数が――噴き出す。

 だが、隊長殿の視線が冷えると同時に、空気も引き締まった。

 冴えた視線が一同を見回す。

「一班、八班と衛生班はこのまま俺と行動。一本東側の通りに出て、路面電車の線路沿いに移動する。六班と九班は、高辻たかつじ少尉の指揮に。ここから真っ直ぐ南下、鉄道駅方面へ向かえ。遭遇次第すぐに交戦してもらって構わない」

「『かんなぎ』の援護は待つのか?」

「来る前にやっつけてしまえ。可能さ、相手が一体なら」

 くくっと喉を鳴らす。そして、鋭い視線を副官に向ける。受ける副官殿も、微かに口元を綻ばせた。

「引き受けた」

 そして、ぐっと握った手を振り上げる。

「駆け足!」

 応、という声が響き、わっと人が動く。

――俺は、八班だから、ここに残るほう!

 巻きあがった砂埃に目を閉じる。そこを後ろからどつかれた。

「ぐへっ!」

 涙目で振り向くと、軍刀の鞘を握ったかいが睨んできた。

 また唾を呑み、頷く。

「頑張りましょうね」

 彼の声が掠れている。引き攣る頬から、息が上がっているのを我慢しているんだなと思って、颯太はふにゃりと笑った。

「頑張るよ」

 もう一度どつかれて、背筋をさらに伸ばす。

 髪を掻き上げた隊長殿が笑うのが見える。

「こっちは衛生班がいるから、魔物との交戦より、逃げ遅れた人の支援が先だと思っておいてくれ。じゃあ、行くぞ」

 ばさり、とまた旗が鳴る。

 また響き始めた足音の中で、颯太は腕を振った。



 *****



 ふよふよと魔物は漂う。また一段と膨らんだような気がする。

 人々は悲鳴を上げて、遠くへと走って行ったり、建物に飛び込んで戸を閉めてたり。

 通りの誰もいなくなったところを南に向けて進む魔物の後ろを、シロはのんびりと歩いていく。

 倖奈ゆきなはさらにその後ろ。

「おぬし、何故、こんなに離れておるのじゃ」

 問いかけには口をへの字に曲げてみせた。理由は一つしかない。だが、さすがに言えない。

「……そんなことよりも」

 だから、無理矢理会話の筋を曲げる。

「あの魔物、どうするの?」

「そうさなぁ…… あのデカさでは、わしも完全に祓ってしまうことができるか自信ないのう」

「自分は『かんなぎ』だって言ってたじゃない」

「『かんなぎ』だとは言ったが、祓うことができるとは言っておらん」

 かっかっかっとシロは笑う。倖奈は首を振った。

「……そうね」

 これに関しては、自分だって何も言えない。花を咲かせたところで、追い払うことはできても、消すことができないのだから。

「しかし、放っておくわけにいかんから、付いてきたわけだしなぁ」

 全く彼の言うとおりだと、眉を寄せて魔物を睨む。


――もう、鎮台には通報が行っているかしら。

 常盤ときわ泰誠たいせい、『かんなぎ』の仲間たちが早く来ればいい。軍隊が到着するのだって構わない。早く早く、あの魔物を倒せる誰かが来てほしいのに。


「どうしたもんかの」

 ふむ、と唸ったシロは振り返り、人差し指を立てた。

「案、その一。わしとおぬしである程度弱らせておく」

「弱らせる方法は?」

 首を傾げてみせると、にやりと笑われ、彼は中指も立てた。

「その二。どっかに閉じ込めてしまう」

「ええ!?」

「どこぞの家の中にでも押し込めてしまえ。そこから逃げぬようにしておけば、まあ、次の者が戦い易かろうて」

「そうなの?」

 瞬いて見上げると、シロも首を倒した。

「たぶん」

「……さっきから適当に喋っていない?」

「そんなことはないぞ。たぶん」

 言って、彼はもう一度首を捻る。

「まあ、現実的には、弱らせていく、なんじゃろうな」

「そうでしょうね」

 は、と息を吐くと、今度はケタケタと笑われた。

 そのシロが両手を打つ。ぼんっと音を立てて出てきたのは、透き通った球。

 それもまた、ふわふわりと漂い、魔物にぶつかって、割れた。


 魔物の咆哮が轟く。


 地面が揺れ、悲鳴と、物や人が倒れる音が続く。

 倖奈も声を立てて尻餅をついた。

「怒らせてしまった」

 一人立ったまま。シロは、はっはっはっと腰に手を当てて笑った。

 倖奈が頬を引き攣らせても、まだ笑っている。

 魔物は大きく腕を振り、ぶつかった人が僅かに飛んで地面に落ちる。

 逃げようとした人がそれに足を取られてまた転ぶ。

「……止めて!」

 叫んで、倖奈はがばっと立ち上がり、走り出した。

 魔物は倖奈と逆に進み、その前にある町屋に腕を突っ込もうとしていた。

 扉を閉めきれていない中から叫び声が聞こえる。

「そこに入らないで!」

 つんのめりながら扉の前に飛び出して、傍にあった朝顔の鉢を叩いた。

 にゅっと蔓が伸びる。萎れていた花が顔を上げる。

 蔓はぐるぐると戸の枠を伝って、網となった。

 その網に黒い腕が絡まる。

 また魔物が吠え、腕を引き千切った。

 残された腕は、濃い紫の花が覆いつくしていく。

 魔物はぐるりと向きを変えた。今度は北向きだ。

 また徐々に速度を落としながら、漂っていく。

 それを呆然と見遣る。脇からひょこっとシロが首を出し、びくっとなった。

「逃げて行ったな」

「うん」

 ほうっと一度目を閉じてから。遠ざかる塊を見る。

「あやつ、さっきの場所に戻ったらまた引き返してくるつもりかのう」

「……別の道に行くんじゃないかしら」

 シロの言葉に呟きを返してから、あっと叫んだ。

「もしも、だけど」

 勢いよく見向くと、シロがぐてんっと首を倒した。

「わたしが花を咲かせて道を塞いだら…… 魔物はその先には進めなくなるのかしら?」

「そうかもしれん」

 にっとシロは笑った。

「成程、その手があったか。ならば作戦変更じゃのう。何か援軍が来るまで、どこぞに閉じ込めてしまうように仕向けよう」

 ぐっと唇を噛む。それから走り出す。

 草履が石畳を打つ度に、じん、と土踏まずに痛みが走る。

 構わずに、漂う魔物の横を一気にすり抜けて、通りの角へ。そこでも見つけた朝顔の鉢を撫でると、道の幅いっぱいの蔦の柵が出来た。

 柵から逃げるように進む魔物をまた追いかける。

「先回りできる道はないかのう」

「そ、そこの路地から!」

 叫んで、細い土の道に二人で踏み込む。砂埃を巻き上げながら走り抜けて、一度右に折れて、魔物の前に飛び出す。

 そこにあった百日紅の木に手を伸ばしながら、叫んだ。

「お願い、あなたも力を貸して」

 淡い光のあと、紅の花が一気に咲き乱れる。

 飛んだ花びらが掠るだけで、魔物が叫ぶ。

 ぼん、と音を立てて、塊は地面に落ちた。

「おお。弱まったかの?」

 ぜえぜえと息をしながらシロが笑う。

 だがすぐに魔物は浮上した。

 にゅっとまた腕が生える。それが、ぐん、ぐん、ぐん、と伸ばされてくる。

「いや、食っても旨くはないぞう?」

 ぱんっと叩かれた掌の間から生まれた球がもう一度、魔物にぶつけられる。

 ほんの僅か、遠ざかっただけで、魔物はゆるゆると近づいてくる。

 シロが後ずさる。

 倖奈もまた、大きく肩で息をしながら、一歩下がった。

 無いはずの目に睨まれて、身がすくむ。

 足の裏が痺れている。 心臓が口から飛び出してきそうなほど跳ねている。

 ぎゅっと両手で己の体を抱えて、後ろに下がって。

 背中がどんっと塀に当たる。

 汗を吸った襦袢が急に冷えてきた。倖奈は頬を引きつらせ、息を大きく吸って。

「きゃ……」

 上げかけた悲鳴は、鬨の声に掻き消された。

 北側から、桜星の旗を戦闘に走ってくる濃紺の一団。

 その気迫に押されたのか、塊はまたふわふわと流れていく。

「なんじゃあ……」

 どさっと音を立てて、隣でシロが座り込んだ。

――軍が着いた。

 倖奈もぺたりと座り込んだ。

 耳の奥が、どくんどくん、と煩い。それなのに、こつん、という靴の音は聞こえた。

 目の前に立った人を見上げて、瞬く。

 太陽を背に受けた青年。濃紺の肋骨服を着て、官帽を被り、軍刀を腰に下げた人。

「この花」

 そう言って、その人は白い手袋をはめた手で芙蓉の花を差し出してきた。

「おまえが咲かせたのか」

 問いかけに頷く。すると、片膝をついて、倖奈の顔を覗き込んで。彼――史琉しりゅうは笑った。

「良くやった」

 頬が熱くなった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

Androidでは正しく
設定できないことがあります。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

新規ユーザー登録無料