10. さあ、牙を剥け(1)

「着てくれたんだ!」

 店に入ると、真希まきが両手を広げて迎えてくれた。満面の笑みに、倖奈ゆきなの頬も緩む。



 興奮が収まってから改めて見て、届けられたのは、真夏に着るための麻の薄物だと知った。それらの新しい着物をしまう際に、桐箪笥の中を全て改めて。擦れたものや汚れの目立つものは捨ててしまった。

 新しいものと残ったものを眺めて、どれも少しずつ織や厚さが違うのだと気が付いて。長着と帯と袴の組合せが変わると雰囲気が変わるのだと知って。

 今日は、その中から白い木綿の線帯レースの襦袢を選び、向日葵色に群青の帯を合わせた。



「袴、適当に選んじゃった」

 ペロリと真希が舌を出すが、倖奈は首を横に振る。

「大丈夫。気に入ったわ」

「組み合わせもいい感じ。似合ってんじゃん」

「どうもありがとう」


 勧められて、戸に近いところに置かれた椅子に腰掛けた。

 土間の広さを埋めるように長椅子はいくつも並べられ、腰を降ろしている客も大勢居て、かなりざわめいている。

 冷えた麦茶が差し出された後、真希が隣に座った。


「じゃあ、早速」


 渡された伝票を見て、目を瞠る。

 分かっているのかいないのか、真希は笑顔のままだ。


「次は、来月に単。秋冬に袷を買ってね」

「ええ!?」

「もう張り切って生地を探しているから。色は黄色かなって思っているけど、模様が違うの探してる。まるっきり一緒だとつまらないでしょ?」

「そ、そうね?」

「単衣は綿ね。袷は毛平織モスリンって考えてる。平織ってね、染め物がきれいに出るんだ。だから、思い切って柄物にしちゃおうか?」

「う、うん?」

「あー。柄物は一番外に着る羽織にしておくってもの手ね。倖奈はどうしたい?」

「どうかしらね?」


 そんな会話を交わした後、しっかり抱えてきた財布から札を取り出した。それを奥に持っていく真希の背中を見送って、首をひねる。

 単と袷を買うことは決定事項なのだろうか。もちろん、倖奈としては厭な話ではない。むしろ、あの心地をまた味わえるのかと嬉しいくらいだ。

 だが、しかし。また今日と同じだけの出費なのだろうか。

 高くなるのだろうか安くなるのだろうか。お金がどれくらい必要になるものなのかという見通しが持てない。こんなときは、余計に用意しておくに越したことはないのだろうか。


 頭の中であれこれと計算して。ぽつんと思った。

――お金って、買い物するとすぐ無くなるのね。


 鎮台で暮らしている中で気にしたことなんかなかった。ただ、新聞の連載小説に出てきた下町のおかみさんが「お金がない」と嘆いていたのを思い出す。


 ――きっと、こんな悩みよりも、もっと大変なんだろうな。


 溜め息を吐き出すと、戻ってきていた真希に笑われた。

「今、めちゃくちゃ考えてたでしょ」

「そうよ。次も真希から買うために、お金を貯めておこうと考えていたわ」


 言うと、彼女は頬を染めて、目を逸らした。


「あんたってねえ……」


 その様子にぷっと噴き出す。真希もまた笑う。


「じゃあ、八月に単。九月に袷と秋冬用の袴。作るからね、絶対買ってよ」

「また袴も!? ……うん。分かったわ」


 ぎゅっと両手を握りあって。それから、外に出た。



 日差しが眩しい。

 色とりどりの、行き交う人々の袖と裾が翻る。

 自分のおさげ髪と、手首にかけた京紫の巾着と、黒漆の草履が立てる音に、口笛を吹きそうになった。


――美波が、お洒落が好きって言った気持ちが分かる。


 もっと早くに気が付いていれば良かったと思う。

 帰ったら、今日は魔物や天気の話じゃなくて、お洒落の話をしてみよう。着物の柄、布地、それに形のこと――西洋のドレスのことでもいい。もしかしたら、男物の話にも詳しいかもしれない。



 軽い足取りで向かう先は、路面電車の停車場。鉄道の駅の前のところだ。

 乗り場は、道より一段高く設けられている。

 今、そこには誰も立っていない。

 倖奈は首を傾げた。昼間、車輌はひっきりなしに来るが、誰も待っていないということはない。ここは街で一番混む場所なのに。何故誰もそこで待っていないだろうと考えながら、近寄って行こうとして。

 ああ、と思った。


 臭いのだ。


 乗り場の標識の下から、形容しがたい悪臭が漂っている。

 人波はそこを避けて流れていた。停車場に行きたいだろう人たちは、何間も離れたところで顔をしかめている。


 倖奈もそこから先に寄るのを止めて、両手で鼻と口を覆ってから目を凝らして。標識のたもとに人が座り込んでいるのを知った。


 袖は肘まで、袴も膝までしかない、中途半端な長着を着ている。その布地は泥と日焼けのせいか、奇妙なまだら模様になっている。下駄もおざなりに履いているだけで、とれかけた鼻緒は土色。脛もまた泥だらけで、髪は埃で真っ白だ。


 そこまで確認して、踵を返そうとして。

「おおい」

 彼が顔を上げた。視線が絡む。


「おおい、おおい。そこのお嬢ちゃんよ」

 間違いなく、呼ばれている。一歩退く。


「逃げてくれるな…… 傷つくではないか」


 大きく見開かれた瞳。情けなく垂れ下がった眉。

 ずきりと胸が鳴ったので、そろりと段を登った。

 片手は鼻に当てたまま、正面に立つと、彼――そう、少年だ――は、笑った。


「随分な力を持っているのう」


 真っ黒な瞳がまっすぐ覗いてくる。見返して、ごくり、と喉を鳴らした。


「何のこと?」

「おぬしの力じゃよ。『かんなぎ』なんじゃろ?」

「どうして分かるの?」

「そりゃあ、分かる。特におぬしのように、力ある存在はな。何ができる?」


 口を開きかけて、つぐむ。


「なんじゃ、言ってくれぬのか」


 はああ、と肩を落とされて、眉間に力が入る。


「だが、心配ないな。言ってくれんでも、見せてもらうことはできるかもだな」


 ニヤニヤ笑った彼は首を振って、視線を動かした。

 その先からは、ゴトゴト揺れる路面電車が走ってきている。

 さらにその後ろには、黒い影。どんどん大きく膨れ上がっていく、塊。


「魔物だぁ!」


 誰かが叫ぶ。わっと声があがり、人波がどっと動いた。


 膨れ上がったそれは今、電車より大きくなっていた。伸びた鋭い爪が、車輌を掴む、引っ張る。

 中から悲鳴が上がる。


「まあ、魔物は物を壊すことはないから、乗っている限りは命を取られることはなかろうて」

 ふっふっと少年が笑う。

「生きた心地はしないじゃろうな」

「そうでしょうね」


 車輌は満員に近い。魔物に揺らされて、転んだ人もいるようだ。運転士は把手ハンドルにしがみついて何かを叫んでいる。

 唇を噛む。


「それ、出番じゃ」

 笑い声。

 振り向くと、また視線が合った。


「おぬしならあれを消せる」

「私の力は、魔物を消したりはしないわ」

「それは思い込みというものよ」


 少年は目を細めた。


「最終的に、魔物を祓う、ということに繋がるのが『かんなぎ』の力じゃ。考え過ぎることはない。おぬしの力をそのまま使えばいい」


――私の力。


「どうじゃ? おぬしのできることをやってみろ。魔物にぶつけてみろ」


 唇を噛む。口の中でわずかに錆びた味が広がった。

 見回す。人が去った通りに残っているのは、満開にはまだとおいフヨウの花。


――花を咲かせるだけで、おまえは十分なんじゃないのか?


 いつだったろう。彼がそう言ってくれたのは。

 そこにいないはずの、濃紺の肋骨服を着た背中が見える。戦うことに迷いのない、彼の背が。


――史琉しりゅう。あなたなら。

 刀を抜くのだろう。斬り伏せるのだろう。迷うことなど、ない。


 一歩踏み出す。車輌に近づく。

 魔物の無いはずの目がこちらを向いた気がして、肩を揺らす。

 だが、さらに踏み出して、魔物に一番近い木の前に立って。


「咲いて!」

 叫んだ。


 ふわりと香りが立つ。次から次へと開き、花びらが舞っていく。

 それらは一気に魔物の口に吸いこまれていった。

 のけぞった塊が吠える。声なき声は旋風となって、通りを荒らしていく。

 目を閉じ、耳を塞いで、それが通り過ぎるのを待つ。

 そろりと目を開けると、車輌はそのままに、魔物が通りの向こうに去っていくのが見えた。


「やった……」


 ぼっと頬が熱くなる。

 ガタンという音に見遣ると、車輌のドアが開いて、乗客が転がり出てきていた。人々は、魔物が去った方とは逆へと走っていく。


「追い返したのう」


 見向くと、ニヤニヤ顔の少年が近寄ってきていた。


「見ていたの?」

 眉を寄せて問うと。

「無論」

 目尻に皺を寄せて、少年は体を揺らした。


「花を咲かせる、か。長く生きてきたが、そんなことができる御仁には出会ったことがないぞ」


 瞬いて、彼の顔を見る。

 日に灼けているが、形良い目鼻立ちだ。十五、六といった年頃だろうか。そのわりには老いた口調だ。さらに「長く生きてきた」などと言われて、何と返せば良いのやら。


 黙って、両手で袴を握りしめる。

 彼はにやにやと顔を寄せてきた。

 うっと唸って、のけぞる。


「おぬし、名は?」

「……倖奈です」


 彼は思いのほかきれいな歯を見せて笑った。


「わしは、シロじゃ。よろしく頼む」


 がしっと手を握られて、ブンブンと振られる。

 掌にじゃりじゃりした感触が残ったので、見れば、砂がいっぱい付いていた。

 袴にもざらざらと付いていて、一気に肩が重くなった。

 さらに肩を叩かれそうになったので、慌てて身を退く。


「嫌がられておるのう」


 ふう、と息を吐いてから、彼は魔物が去った方を指さした。


「まあ、よい。倖奈よ、追うぞ」

「……追う?」

「当然じゃろう。行った先でまた暴れておるに違いないではないか」


 確かにそうだ。だが、完全に祓うことができるわけでもないのに、倖奈が行って如何どうすればいいのだろう。


「まあ、なんとかなるじゃろ」


 見透かしたように、シロが言う。


「ああ、そうじゃ。わしも一応『かんなぎ』じゃ」

「……一応」

「それ行くぞ」


 ガラリガラリ下駄を鳴らして、彼は歩き始める。

「はようせい」

 ぶんぶんと首を振ってから、慌てて追いかけた。



 それにしても、臭い。

 由々しき問題だ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます