04. 妨害者と挑戦者(1)

「また出たって!」

 バタバタと部屋に飛び込んできた泰誠たいせいが言うと、部屋にいた『かんなぎ』たちの顔色が変わった。


「数は? 大きさは?」

「今度はどの辺りなんだ?」

「もう、軍は出ていったの?」

「出動要請は来ているのか?」

「あ~! いっぺんに聞かないで!」


 ぐわっと詰め寄られるのを、泰誠は両手を前に出して拒み、叫んだ。


「そんなに大きくないし、数も少ないって。おまけに、たまたま巡回中の班が近くにいて応戦できたから、そんなに被害はないし、もう終わりそうみたい。これからもう三班出動させるから、それに同行してほしいって話はきてるよ……

 って、みんな気が早いなぁ!」


 すでに四、五人が部屋を出て行っている。常盤ときわも立ち上がるので、従おうとしたのだが。

倖奈ゆきなは来るな」

 ぴしゃりと言われた。


「でも……」

 倖奈は眉をさげた。

 まずはその場に行かなければ。そうでなければ、何もできない。

 唇を震わせたが。


「またはぐれられても面倒だ」


 言い放ち、すたすたと常盤は扉を出ていく。

 泰誠も、眉をさげ片手だけで拝む姿勢を見せてから、パタパタと出て行った。


 『かんなぎ』たちが寝起きする棟の、居間のように使われている空間。臙脂の絨毯が敷かれ、艶を放つ木の棚やテーブルが置かれた部屋に、沈黙が落ちる。


「わたしたちは留守番よ」


 三十畳ほどのここには、倖奈ともう一人しか残っていない。

 窓よりのテーブルに肘をついて、椅子に座っている少女に、倖奈はゆっくりと近寄った。


美波みなみは行かなくていいの?」

「わたし? 行かないわ」

 言って、彼女はじっと倖奈を見返してきた。


 白磁の肌をふちどる緑の黒髪は、背中まで真っすぐに伸ばされている。

 細い躰を包むのは、乳白色の中に、薄紅、丹色、黄色の花が描かれた振袖。

 形の良い指先はほんのり赤く染められていて。それを頬にそえて、彼女は首を傾げる。


「魔物の数は多くないんでしょ? それなのに『かんなぎ』ばかり大勢行ったら邪魔じゃない」

「そういうものかしら?」

「そうよ。ほら、倖奈もお座りなさいよ」


 長い睫毛に飾られた瞳で、美波はまだ見つめてくる。その、幼い頃からを共にしている同い年の少女に。


「美波は魔物に何ができる? 」

 と問うた。


「やあね。あらたまって、何を訊いてくるの?」

 すると、やはり色を乗せている唇が綻ぶ。


「わたしができるのは、光を放って祓うこと。何度もやってみせているわ」

「魔物を祓うことができるのに、行かないの?」

「呼ばれないかぎり行きたくないわね。常盤の焔みたいに勢いと速さがあるわけじゃないから、あまり実戦向きじゃないもの」

「実際の戦いには速さが必要?」

「そうじゃないの? 怪我させられるまえに向こうをたおしちゃわなきゃいけないんだから。そういう素早さって意味では武具を振ってる軍人のほうが有利よね。実際、泰誠が、雷で攻撃するより刀を振り回すほうが楽だって、言ってたことあったじゃない。彼、元軍人でしょ?」


 くすくすと彼女は笑い続ける。その間にようやくテーブルの向かいに座ると、真正面から見つめられた。


「倖奈はことさら実戦に向いてないわよね。花を咲かせるだけだもの。

 綺麗よね、お花って。でも、魔物に何か影響するわけじゃないし」


 ぎゅっと眉を寄せてみせると、美波は困っているかのような笑みを浮かべた。


「力の前に、ぼーっとしてる性格も良くないわよね。この間も、出て行ったのはいいけど、部隊と逸れちゃって大変だったんでしょ?」

「それは……」


 多量の魔物が何カ所も同時に出ていると聞かされて、連れ出してもらった時の話だ。

 軍人たちが刀を振り回している中で、どうにかして魔物に近寄ってみようとしているうちに、進めなくなった時の話。


「ごめんなさい」

「わたしは別にいいんだけど」

 美波は笑顔を崩さない。


「常盤、カンカンだったわ。だから今日、あんなふうに言われたんじゃないの?」


 倖奈は唇を噛み、膝の上に置いていた手で、自分のくすんだ紫の袴を握りしめた。


「ちなみに、その時は」

 と美波の明るい声が響く。

「噂の大尉さんに助けてもらったんですって?」

「……誰?」


 ちらりと見遣ると、美波の笑みの形が変わっている。


「ええっと。名前、忘れちゃったわ。ちゃんと鎮台内の布告もあったのにね。

 ほら、あの人よ。去年死んだ遠郷えんごう大尉の後任っていって、第五部隊長に着任した人」


 倖奈は瞬きをして。

柳津やないづ史琉しりゅう

 教えてもらった名前を声にのせた。


「そうそう、その人!」

 美波は手を叩いた。


「わたしもこのあいだ遠くから見かけたけど。案外普通の人ね。北方鎮台の出身だっていうから、田舎っぽい、野暮ったい人だったらどうしようと思ってたけど、都にいても違和感ない人ね」

「それは、どういう意味で?」

「え? そのままよ。普通の人だなって思ったの。お近づきになる機会はあるかしら?」

「……どうでしょうね」


 言って、倖奈は目を伏せた。



 橋のたもとでの出会いを思い出す。

 魔物を斬ることに迷いのない刀の煌めき。

 最初に向けられた苦い視線。咲きなおしたツツジを見た時の、ぽかんとした顔。それから向けられた笑み。



「そう言えば」

 と、顔を上げる。

「史琉にも年齢としを間違われたわ」

 言って、くすんだ紫の袖を摘む。


「そうなの?」

「もっと子供だと思ったみたい」

「あら、そう。せっかく大人っぽい色の着物着ているのにね」


 美波は首を傾げた。


「落ち着いた色でも、もっと違う色の方がいいのかしら」

「そう思う? この色を選んでくれたのは美波だったけど、また変えたほうがいいと思う?」

「そうねえ。どうかしら」


 鈴を転がすような声で美波は言う。

 倖奈は膝の上に置いたままの己の拳を見つめた。



 外は雨。

 窓硝子の向こう側を水が流れていく。



 人のいない居間にいても落ち着かず、図書室まで来てしまった。

 結局ここも、出かけている『かんなぎ』が多い以上、閑散としているのだが。

颯太そうた

 ただ一人、知っている顔を見つけ、ほっと息を吐いた。


「やっほー、倖奈!」


 濃紺の肋骨服と制帽の、くりっとした瞳の少年。

 窓に近い机の上でだらしなく腕を伸ばしていた彼は、笑い返してくれた。


 四人掛けのそこの真ん中には、くたびれたシャクヤクが一輪飾ってある。花瓶を挟んだ斜向はすむかいに、倖奈は腰を下ろした。


「毎日来ているの?」

「来てる来てる!」


 颯太は、爪の伸びかけた指先で、開いた本の頁を撫で、力なく笑った。


「なんかさ…… 他に、することが無くて」

「することが無くて?」


 瞬くと、彼はまた、ぐてっと机の上に伸びてしまった。


「いいや。本当はあるんだ。探せば。

 だって、新入りなんだもん。午前中は副官の剣術訓練をみっちり受けてきたんだよ。その上で、もっと実際的な戦闘の仕方を教わってみるとかさ。そもそも自主練して体力つけろとかさ」


 でも、と言って、ごろんと頭の向きを変える。


「今も、魔物が出ているんだろ?」

 ぎゅっと眉間に皺を刻んで、颯太は唸った。

「本当は、本当はさ。出撃したいって言ってみるべきなんだよね。怖がっている場合じゃないのに」

「魔物が怖いの?」

「怖いに決まってるだろう」


 むん、と尖った口から言葉が続く。


「魔物なんて、全く見たことないや。

 家は、田舎だからさ。人も少なくて、牛のほうが多いようなところで。ただ、オレにもでかいことができるぞって見せつけてやりたくて、入隊試験受けたら一発で通ってさ。それで結構はしゃいでたんだけどさ。この十日で現実を知ったというかなんと言うか。

 うん、だからね。何が言いたいかというと」


 どっこらしょ、と彼は体を起こす。


「俺、なんで都の鎮台なんかに配属されたんだろうね」


 苦笑い。倖奈は首を振った。


「軍隊の中のことはよく知らないの。だから、答えてあげられないわ」

「あ、別に。そりゃそうだと思うから…… むしろこっちがゴメンっていう」


 へへっと彼は鼻の頭を掻いた。それから。

「倖奈は」

 と真顔になった。


「『かんなぎ』なんだよね。ずっと鎮台にいるの?」

「ええ。『かんなぎ』は、戦えるような歳になったら、ここで『暮らす』のが当たり前なのよ」

「魔物が出てきたら、そこに行くのも当たり前?」

「きっと『かんなぎ』ならば、そう」

「怖くないの?」


 真っすぐな問いかけ。

 知らず首を傾ける。


――怖いの?


 怖いから、一歩も動けなかったのか。

 怖いから、来いと呼ばれない限り行かないのか。

 それとも。


「見つけた、颯太ぁ!」


 突然の大声に、びくっと肩が揺れる。颯太はガタンと立ち上がった。


「か、かい。や、やっほう?」

「何が、やっほう、ですか!」


 振り向いた先、戸棚の合間から、これまた軍服姿の少年がつかつかと歩いてきた。

 肩を怒らせる少年の後ろにも、もう一人、軍人。


「うげ……」

「部隊長殿に向かって『うげ』ってなんですか! 君が居なくなっているから、わざわざ捜しにきてくれたんじゃないですか!」


 櫂、と呼ばれた少年が肩をいからせて颯太の前に立つ。


「え、あ、そなの? すみませんでしたぁ!」

「二人とも、一応、ここでは叫ぶなよ。誰もいないからいいけどさ」


 後ろから歩いてきた、くっくっと喉を鳴らす人を、倖奈はじっと見つめた。


――史琉。


 端がもちあげられた口元。厳しさを保ったままの目元には、銀縁の眼鏡をかけている。

 湿度の高い建物の中だからか、肋骨服の襟元を少し着崩して、それでも左腰には軍刀が下がっていて。

 ゆっくりと絨毯を踏んで近寄ってきた彼は、倖奈に見向くことなく、颯太と櫂の横に立つ。そして、颯太が撫でていた本に白い手袋を嵌めたままの手を伸ばした。


「勉強は終わったか?」

「う、えっと、その」

「読んでいたのいなかったの、どっち!」


 整えられた眉を吊り上げて、キィッと櫂がまた叫ぶ。


「どうせ読んでなかったんでしょう! 部隊にも顔を出さないでいて、サボってたんでしょう!」

「うう……」

「君が来ないと僕までサボり魔扱いされるんだから!」

「なんで櫂まで?」

「百人もいる部隊なんだから、僕らの区別がついていない人は多いですよ。新人が来ていない、で一括ひとくくりです」

「そうかなぁ」

「俺は二人を間違えない自信があるが」


 史琉はまだ喉を鳴らしながら、本の頁をぱらぱらとめくっている。

 櫂は、頬を染め、颯太の胸倉を掴まんばかりの勢いだ。


「とにかく! ちゃんと顔を出す! ついさっきだって、魔物が出たって聞いたから、こっちに来たんでしょう?」

「あ、あー。魔物、出たって言ってたねー」

「もしかしたら、出撃命令が出るかもしれないんだから! 待機が当然でしょう」

「……やっぱそうだようなあ」

「そうだよなあって! 分かってるならそうしてくださいよ。まったく、意気地なし! 本当は戦うのが怖いだけでしょう!?」


 はあっと櫂が息を吐く。颯太は口をへの字に曲げて、そっぽを向いた。

 倖奈は、ぐっと唇を噛んで、櫂と颯太と、史琉を順に見た。

 本を捲る音だけが微かに響いた後、ふと、史琉が顔を上げた。倖奈の顔を見て、それから、彼女の背のほうに視線を向け、笑う。


「意気地なしかどうか、試してみるか?」

「え?」


 櫂が振り向く。颯太も向き直る。

 史琉の視線は倖奈の向こうを見ている。


「魔物が出たぞ」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます