彼らのこと 彼(か)の罪を呪えども

─桐原錦の話



 忌々しい旧友・ヴェルナーの突然の来訪から一夜が明け、また夜が巡ってきた。

 リビングの空間に紫煙が漂っている。それを、茫漠とした思考の隅でぼんやり眺める。ふと我に返って、その煙を吐いたのが他ならぬ自分であることを知覚する。

 リビングには私とヴェルしかいなかった。ハンス君は、私の教え子でもある茅ヶ崎龍介の護衛へと出向いている。護衛はヴェルとハンス君が交代で就くとのことで、今夜はあの金髪碧眼の油断ならない青年の担当らしい。影の予見士から届く報告によれば、"罪"ペッカートゥムの襲撃の確率はしばらくはゼロパーセントだそうだが、念には念を入れる方針のようだ。

 ヴェルはソファに寝転がり、本棚から勝手に取った文庫本を退屈そうに読んでいる。真っ暗なテレビの画面からは、沈黙だけが吐き出されていて、静かだ。私は一人掛けのソファにもたれて、"英雄"と呼ばれている存在について考えていた。


 ──桐原さんは、"英雄"のことをご存じなんですよね。

 ──ヴェルナーさんから、桐原さんが"英雄"について知っていると伺って。


 ハンス君はそう言った。何度思い返しても胃の底がむかむかする台詞だった。ハンス君に腹が立つのではない。怒りの矛先は、目の前でぐだぐだしているこの男、ヴェルナー・シェーンヴォルフだ。

 いつもの自分なら、苛々して無意識のうちに煙草に火を点けるなどあり得ない。来客中は──ヴェルを客と呼べるかは甚だ疑問だが──煙草は吸わないと決めているのに。

 揺らめく白煙越しに、その苛々の原因が不意にこちらを見た。


「似合わねえな。お前が煙草吸うの」

「……だろうな」


 投げ遣り気味に首肯する。

 煙草の臭いは好きではない。むしろ苦手で、嫌いだ。喫煙者でありながらそんなことを言えば、きっと他人は頭のおかしい奴だと非難の目を向けるだろう。解りきっている。それでいいのだ。

 贖罪。

 自分にとってこの行為を定義するなら、そういうことになる。

 ヴェルが持っていた本を机の上へぽいと放った。


「縦書きの本読んだの久しぶりだけど、やっぱり読み辛ぇよな。なんかエロい本とかないの?」

「そんなものはない」

「いつも何読んでんだよお前」

「貴様は普段そういう本ばかり見ているわけか?」

「大人の男としてのたしなみですー」

「ずいぶん高尚な嗜みだな」


 皮肉を放って、ヴェルの軽口まで押し潰すように、吸いさしの煙草を灰皿にぐりぐりと押しつける。

 私はヴェルを見る目を細めた。無駄に察しのいいこの男は、おそらく私が今何を考えているかを見通しているだろう。きっと、この部屋に満ちるちくちくした空気を読んだ上で、わざとふざけた態度を取っているのだ。

 虫酸が走った。どこまでも食えない男だ。

 なぜなんだ、と出し抜けに問いをぶつける。


「うん?」

「どうして、ハンス君に言ったりした。私が"英雄"のことを知っているなど」

「そんないきなり言われてもねえ……」

「ヴェルナー。私の目を見て答えろ」

「何? 怒ってんの? 別に言ったっていいじゃん」

「──貴様は知っているはずだろう!」


 怒声を張った私を、ヴェルが見上げてくる。その視点の変化で、自分が立ち上がっているのを遅れて自覚する。理性が感情に飲まれているためだ。ほとほと嫌気が差す。この男を前にするといつもこうだ。

 ヴェルが目をすいと鋭くして、ぞっとするほど冷たいせせら笑いを浮かべる。


「どうしてそんなにムキになる? "英雄"のせいで、ルネが死んだと思ってるからかい?」


 一瞬、世界が動きを止めた。

 自分の喉がひゅっと鳴る。

 体の血液がぜんぶ沸騰したと思った。体の内部から沸き上がる、ぐらぐらと煮えたぎった憤り。思考回路が至るところで焼き切れ、ショートし、激しく散る白い火花。眼前が真っ白になる。正常な判断などもはや不可能だった。

 正気に返ったとき、私は両手でヴェルナーの胸ぐらを掴み、その上半身をソファの背もたれに思いきり押し付けていた。自分でも恐ろしいくらい、息が荒くなっていた。まるで獣だ。


「おいおい、痛ェな」


 ヴェルはこの状況を楽しんですらいるかのように、薄ら笑いを口の端に残している。


「お前の悪い癖だぜ、そうやってすぐに手をあげるのはよ」

「貴様……よくも私の前でそんなことが言えたものだな」

「いやァ、そんなに気に障るとは思わなかったからね」


 嘘だ。私を逆上させるような言葉を、こいつは意識的に使っている。

 心底憎かった。そして、吐き気がするほど羨ましかった。

 何もかもを見透かしているようなこの男が。この状況で、ためらいもなく彼女の名を口にできる無神経さが。


「私の前で──金輪際その名を出すな」

「図星なんだろ?」

「……何だと」

「そこまで怒るってことは、自分でそう思ってるって言ってるのと同じだぜ。分かりやすいね、錦くんは。自分で自分に嘘が吐けないもんね」

「その口を……ふざけたことが二度と言えなくしてやろうか」

「殺したいほど俺が憎い?」


 ヴェルが私を注視する。肉食獣と同じ輝きを宿した瞳が、意地悪く私の反応をうかがっていた。その表面をよく見れば、赤い目の中に映りこんだ愚かしい男が、こちらを見返している。なんと狂った表情をしているのだろう。

 頭に昇った血がすっと下がっていく。手に力が入らなくなって、ヴェルの胸ぐらから両手が離れた。

 ヴェルは乱れた胸元を直しつつ、追撃の手を止めようとしない。


「違うよなぁ? お前が殺したいほど憎いのは、お前自身だろ。あいつが死んだのに、自分だけ生きてるのが許せない? 好きでもねえ煙草吸って苦しんで自分痛めつけて、満足か? 」

「何を……知った風な口を……」

「そんなに睨むなよ。お前はポーカーフェイスをもっと勉強しなきゃ、思ってることがバレバレだぜ」


 脱力して棒立ちになる私の襟元を、今度は逆にヴェルが掴み、力任せに引き寄せる。


「お前は目を背けてるだけだ。ただ逃げたいだけだろ。生きることから」


 歪んだ口元から、尖った犬歯が覗いているのが、よく見えた。


「俺ァ軽蔑するね。死ねないから生きてるってだけの奴をよ」


 乱暴に、胸を突いて離される。吐き捨てられた言葉に反論する術を、私は持ち合わせていない。

 この男の言うとおりだった。大切な人を見送ってなお、ここに生きていること、生き残ってしまったことへの罪悪感を、自分で自分を痛めつけて、押し殺している。なんとかそれでやり過ごしている。

 とんだ愚か者だと思う。しかしそれが私なのだ。


「──私の気持ちが、貴様に分かってたまるか」

「ずいぶん青臭いことを言うねェ。勘違いしてもらっちゃ困るがな、俺はお前を理解しようだなんて、これっぽっちも思っちゃいねえんだよ。ただ、お前が分かりやすすぎなだけだろうが」

「貴様は──私をどれだけ虚仮こけにすれば気が済むんだ」


 詰問したつもりだったのに、まったくと言っていいほど、己の声には覇気がなかった。

 だから、この男には再会したくなかったのだ。私の過去を、ヴェルは何もかも知っているから。彼の顔を見れば、自分が考えまいとしていることを、否応なく突きつけられるから。自分の弱みを自覚するのが怖かったから。

 こうなるのは分かっていたのに、ちっとも取り繕えない自分が、情けなくて仕様がなかった。


「相変わらず錦くんはヘタレで甘ちゃんだねェ。昔とぜーんぜん変わってない。本当に救いようのない馬鹿だよ、お前は」


 ヴェルは私の問いかけには答えず、侮蔑の冷笑だけ投げて寄越した。

 その言葉が的確すぎて、私は何も言えなかった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます