生への駄論

「人間は考える葦である」


「生きることとは、考えることだ」


「吟味されざる生に、生きる価値なし」


「人生の唯一の意義は、人のために生きることである」


「人生それ自体に意味などない。しかし、意味がないからこそ生きるに値するのだ」


「生きる意味や価値を考え始めると、我々は気がおかしくなってしまう。なぜなら生きる意味など存在しないのだから」


     *


 古今東西、古代から現代に至るまで、あらゆる思想家や哲学者、はたまた物理学者や作家、精神分析学者が「生きる」ということについて、名言を残している。


 が、しかし、


「あー、なんかこのシミュレーションゲームもさすがに飽きてきたなあ」


「あー、『地球』? それ、46億年くらいやってんでしょ? それをいまさら飽きたとかwww」


「いやいや、夢中になってたらすぐだって、46億年なんかさあ。ってかさあ、そもそもお前が始めたんじゃん、このゲーム。138億年前に。突然『ビックバーン』とか言ってさ」


「えっ、あれからそんなに経った? やべえ、俺も年取るわけだわあ。……ってか、結構複雑なことになってんな、『地球』。面倒臭いからここらで一旦リセットしとく?」


「ええっ、せっかく46億年もやってるのに?」


「それくらい、あっという間だって、さっき自分でも言ってたじゃん。そうと決まったら行くよ? せーの、ビックバー――」


「ちょ、やめろって! 勝手に人のゲームリセットすんなよな! キレっぞ!」


「やだなあ、冗談じゃん。そんなマジ怒りしないでよー」


「いや、お前、真面目に冗談が冗談じゃない時あるからな」


「いやいや、ほんと、怒んないでよー………と見せかけて、ビックバー――痛っ! な、殴ることないだろ……」


「てめえ、もう一回やったらマジ殺すからな!」


「痛いよお、たんこぶできちゃったじゃん」


「マジ殺す」


「わかった、わかったから……」



 と、今日も仲の良い神々にとっては、地球で繁殖する「人間」なんて生き物には興味もなく、それがどんなに素晴らしい内容であっても、哲学者たちの考察など、すべからくして生への駄論なのである――。


――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 タイトル「生への駄論」は、山居中次さんから提案いただきました

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

Androidでは正しく
設定できないことがあります。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

新規ユーザー登録無料