サイン・コサイン・タンジェント

 ある教室の黒板に、消し忘れられた図形があった。その図形とは、直角三角形。てっぺんの角にはサイン、左端の角にはコサイン、そして直角の部分にはタンジェント、そう説明書きがされている。


 書いたのは数学教師だ。けれど、書かれた当の三角形。その三つの角は、それぞれお互いのことが好きだった。


 サインはコサインが好きで、コサインはタンジェントが、そしてタンジェントはサインが好きなのであった。


 世に言う三角関係である。


 けれど、三角関係でありながら、文字通りの三角形でもある彼らは、苦悩していた。


「ああ、愛しのコサイン」


 一番上の角、サインは左端の角につぶやいた。


「ここから動けない私は、あなたがタンジェントに熱い視線を向けるのを見守るだけ」


 同じように、コサインも直角に向かってつぶやいた。


「ああ、タンジェント。どうして君はサインなんかに心を奪われるのか」


 タンジェントはタンジェントで、ぽろぽろと涙をこぼしていた。


「サインさま。どうか私に振り向いて!」


 三つの角は、どうしたら互いと一つになれるのかを考えた。彼らは考えに考え、さらに考え、そして――一つの同じ答えにたどり着いた。


「そうだ、こうすればあの人と一緒になれる!」



 放課後、教室を教師が訪れた。三角形を書いた、あの数学教師だ。忘れ物を取りに来た彼は、消し忘れた黒板を何気なく見て、驚いた。


 サインコサインタンジェント――その説明書きの横から、三角形は消え失せていた。その代わりに、一本の長い線が黒板をよぎっている。


 そう、三角関係に泣いた彼らは、三角形であることをやめた。そして、一本の線となり、愛しい人と一つになったのだ!


 その瞬間、世界中から三角形という三角形が消え、すべてが一本の線になった。三角関係は消え、世界は平和になった。そして、サインコサインタンジェントなどという、呪文めいた謎の公式など必要なくなったのだ――。




 と、ここまで読めば、読者もおわかりのことだろう。


 三角形の三角関係、このお話はサインコサインタンジェントなどという、わけのわからない呪文に頭をやられた文系の学生が空想した、逃避のための物語なのである。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

新規ユーザー登録無料