平和

座右の銘のところでも申したけど、私は「平和」、「自由」、「平等」という言葉を余り信用はしていないんだよね。


勿論、「平和」、「自由」、「平等」が嫌いな訳ではない。


ただ、 「平和」、「自由」、「平等」と言う言葉は信用をし過ぎると、危険な言葉でもあると思うのだ。


その中で、今回は「平和」について、私の考えを綴っていきたい。


当然に「平和」である事は、多くの人々にとって望ましい事ではあるだろう。


しかし人間は「平和」を望む事で、余計な争いをしている様にも思うんだよね。


そう考えると、果たして「平和」が本当に正しいのか。


この地球という星において、人間以外の生命は縄張りであったり、食料であったり、繁殖相手を求めて争う事は当たり前の様にやっている。


勿論、それは人間も含めて、なのかもしれないが(苦笑)


そして、それは決して動物に限った事ではないんだよね。


植物の世界でも弱肉強食はある。


要するに、あらゆる生命は常に争いの中に身を置いているのだ。


そして、そもそも、人間以外の生命には「平和」なんて概念自体が無いだろう。


「平和」は、あくまでも、人間の都合で出来た概念でしかない。


しかし、この「平和」という概念は、地球の自然環境の中で非常に画期的であった様に思う。


「平和」というプロセスを経る事で争いを回避する。


そして争いを回避する事で、傷付く機会を減らす事を可能にした。


争いによって傷付けば、命を落とす事も珍しくはない。


しかし人類は、その機会を減らす事で、より多くの命を未来へ繋ぐ事に成功をした。


その結果、人類は地球上の生命の中で別格ともいうべき立場になる。


そして此処まで繁栄をしてきた訳だけど、その事自体も、果たして、だったりはするんだよね。


繁栄をしてきたが為に地球環境を破壊してきた面もあるだろう。


ひょっとしたら、「平和」である事で我々は滅亡へと向かっているのかもしれない。


まあ、滅ぶなら滅ぶで自業自得なのかもしれないけどね。


ただ、そうなった時に、他の生命も沢山、道連れにしたりはするのかもしれないんだよね。


それを考えると、何とも、申し訳なく思ったりはする。


いずれにしろ、人類にとっては正しい「平和」であっても、地球にとっては「平和」が正しいとは限らない。


また、そんな中で我々、人類は「平和」を守る為に争いをしていたりもする。


本当に変な話なんだけどねぇ。


それはある意味、暴力反対と叫びながら、相手を撲り飛ばしている様にも思う。


更に言えば、「平和」を主張している方が、より攻撃的だったりする事もある。


結局、「平和」なんてものは、人間の身勝手さが生んだ、都合の良い理想にしか過ぎないのではないか。


その都合の良い「平和」が、時に地球環境を破壊し、時に多くの命を蔑ろにしたりもする。


現在の世界を見回してみると、そんな風に思ったりもするのだ。


もし「平和」を求めなければ、此処まで地球環境が破壊される事は無かったのかもしれない。


もし「平和」を求めなければ、無駄な争いをする事も無かったのかもしれない。


「平和」も決して一義的なものではないだろう。


人類にとっての「平和」が世界にとっての「平和」とは限らない。


自分にとっての「平和」が相手にとっての「平和」とは限らない。


結局、「平和」を求め過ぎると、別の「平和」を脅かしてしまうのだ。


そう考えると、「平和」も程々であるべきじゃないかと思うんだよね。


程々に「平和」で、程々に「平和」でない世界。


それが、最も「平和」な世界なのかもしれない。


そんな中で、先進国は比較的に「平和」な方ではあるよね。


そして我々は、世界の何処かに「平和」でない地域がある事を知っている。


その事で我々は「平和」を願う事が出来るのではなかろうか。


一方、その事で我々は「平和」を求め過ぎてもしまう。


そして、そうやって「平和」を求め過ぎてしまう事が、不要な争いを生んでもいる。


だから「平和」を願う事は構わないが、「平和」を求め過ぎる事は問題もある様に思うのです。


とは言え、どうすればいいのかは全く分からなかったりもする(苦笑)


ただただ、みんなでアイデアを出し合おうよ、と。


そして、みんなで考えようよ、とね。


それが将来、我々に本当の「平和」を実現してくれるのかもしれない。


だから、私は発信をしているのです。


私がそう思っているんだから、先ず私が実践しないとならないだろう。


とにかく、思い付いたら、発信をしておく。


出し惜しみはしない。


どんなに、みっともないアイデアでも構わない。


どっちみち、私に出来るのは発信をするところまで。


後は優秀な者に任せればいい。


それに私は、そんなに長生きは出来ないだろう。


こんな中途半端な状態でお先に失礼をするのも、申し訳なかったりもするけど、順番だから仕方がないよね(汗)


ただ、これからの子供達に出来るだけの事はしておきたい。


無駄になっても構わないから、可能な限り、私なりの発信をしていこうと思う。


後は優秀な子供達に託すのみ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!