歌舞伎町の小学生

さちこ

第1話 桜の時

AM4:57。「カッチャンッコ」

いつものように、ゆうきは仕事に出かけた。

サッとスーツに着替え、パッと頭を整え、ネクタイはポッケに入れて鏡で全身チェック。

玄関の鍵が閉まる音が、「いってきます」に聞こえる、様な気がしてる。



ゆうきとの結婚生活も、もう6年。

結婚して3ヶ月目にチワワが我が家にやってきた。

5歳のデフと4歳のビチ。

デフはゆうきの事が大好きで、いつもお腹の上で寝る。ビチは自由気ままで、おやつ時だけ媚びを売る。キャバ嬢ならぬ、キャバ犬。


2004年3月、散りゆく桜を見た。

「さくら〜独唱〜」を歌いながら、高校を卒業した。


2004年4月、満開の桜を見た。

大学の入学式だった。

この時の満開の桜は、私を新しい生活へ誘い込んでいた。オリエンテーションも終わり、学校の門を出ると左から、ブルーオーシャン香りが近寄ってきた。

「芸能界とか興味ない?モデルやってる!?」

「顔ちっちゃいし、モテるでしょ!?」

「モデルのバイトとかしてみない?」


ブルーオーシャンの香りが続く。


『これが東京かぁ〜』

と思っていると、ブルーオーシャンの香りがタバコの臭いに変わった。


「時給3000円のバイト、興味ない!?」

「携帯教えてよっ!」


『時給が3000円!?やっぱり東京だなー』

と20日前まで、ガストで時給750円で働いてた私はとりあえず、駅前にある無料求人誌を5冊手に取り1件「社会勉強」だと、自分に言い聞かせ電話をかけた。


「お電話ありがとうございます。クラブエクセレントでございます。」








  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

歌舞伎町の小学生 さちこ @minami_s

★で称える ヘルプ

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ