第331話 吾輩場面移動のつなぎ方を見つけたい。

吾輩は目を覚ました。こうもりが話しかけてくる。

「旦那、お目覚めですか?」

「うーむ。不思議な飛ばし方をされているな……」

「そうですね。終盤2話だけ飛ばされてますね」

「間を開けて読まれる理由か……なんだろう?」

「特に意味はないかと」

「それもそうね」


吾輩は考える。

久々に更新したら……フォロワーさんが1人ついた!!

PVも伸びた。およよ。それにしても、なぜあの作品フォローから吾輩に……。ありがたい。尊敬する作品群と並んでフォローしてもらえるなんて。


ちょこちょこ何かサイドエピソードを付け足していこう。欲を言えば……10万超えたいな。途中メモ書き入れてるからそれは加味しないとな。それを抜かして10万。うむ。1章はそれを目標にしよう。



吾輩は考える。

どうもな、場面移動が下手だな……つなぎというのか、クッションというのか。

段落ごとに塊であり、つながりが薄い。これを何としようか?


書きたいこととは別で読みやすい構成か……。

なんだろうな。自然に流れるようなものを考えてなくてはな。



吾輩は考える。

アドラー心理学という分野について。


なんとなく、心理学というより、哲学的なものを感じてしまう。心理?哲学?どっちが正解なのだろう。なんとなく、思想とかの分類に近いから哲学と思ってしまうかもしれない。


ただ、なんとなく個人期にはあれを人に強要すると……危ない気がする。個人で受け止めて、心に刻むくらいなものであるべきだな。



吾輩は考える。

従僕と僕。僕。


じゅうぼくとしもべ。ぼく。

本当に感じは様々な読み方があるな。しもべとぼくが一緒というのは……闇深いな。何のしもべなのだろう?神か?



吾輩は考える。

たまにレビューで喧嘩のようなものを見つける。


それって……その人の作品をお勧めするもので……喧嘩をする機能ではないのよ……。まぁ、ツイッターとかで言い合う分には見えないからいいのかも。


というか、言い合いをする必要があるのだろうか?


何か腑に落ちないこともある。



吾輩は考える。

朝にシャワーを浴びると目が覚める。


とても気持ちがいい。ただ、夏場すぐに出かけると汗がいっぱいでる。涼しいボディーソープというのもあり、スース―して気持ちいい時もある。


水浴びっていうのは、人の気持ちをスッキリさせるものかもしれない。



吾輩は考える。

凪とは。


風がやみ波が穏やかになること。無風ということですな。

凪。凪。凪。


凧が混じっても、バレないか?



吾輩は考える。

ぴったり千文字を達成していた。

凄まじい。これだけやって初めて成功した。


ピッタリ千文字の感覚。最近結構千文字近い。感覚が冴え渡っている。と勘違いしていた。寿司は……どういうことなんだ。あまり意識してなかったというか、800文字以内なんて……そんにゃー。



吾輩は眠りにつく。


《つづく?》


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます