第290話 吾輩のタイトルは看板みたいなもんだった

吾輩は目を覚ました。こうもりが話しかけてくる。

「旦那、お目覚めですか?」

「どうも……改稿のペースが悪いな……」

「なんででしょうね?無駄に速筆なくせに」

「……どうもな……書いては全体を見て、書いては全体を見て、と繰り返してるからな。行間も増え始めたし、思考線も狂ったように増えてるし……」

「それって、読みやすいんですか?」

「……わからん」



吾輩改稿をしつつ、読み直してみる。

いまいちよう、わからん。本当に読みやすいのこれ?大丈夫?


そんなこんなで脱線しつつ、いまようやっと11話。

遠いなー。2章入るのが遠いー。


あといくつ直せば……というか、直しながらこうしたほうがとか、ああしたほうがとか、思い付きで動いて、結局全部見直すことになりそう。まぁ、いいだけどね。かまわんよ。直せば直すほど完成度が高くなるというなら、それはいいことだ。


使い道は増えるし、公募とかも行けるし、ほかのサイトにも載せられるし、いいことづくめだろう。悪いことは何一つない。


ただ、体に悪いということ以外は。



吾輩は考える。

どうやら……コンテストエッセイが月間11位まで行ったようで。


まじかー。はぁーまじか。


エッセイランキング週間1位になったわけで。


まじかー。はぁーまじか。


さて、何か1位の恩恵がほかにも降り注ぐものなのか……。調査してみると……。はい、そんなの関係ねぇ、そんなの関係ねぇ!!オッぱっぴー!!


とくに他作品への流入はないようだ。まぁ、更新してないというのはあるけど。

いや――違うか。バンパイアには人が増えたようです。


それは間違いない。


欲を言うと……デットエンドを読んでくれると助かりますよー|д゚)チラッ


――返事がない……ただの屍のようだ………――


サイレント読者も多いのがこのサイト。



吾輩は考える。

槍使いさんが書籍化きまったみたいです。

おめでとうー(/・ω・)/


頑張り屋さんな作者さんでほぼ毎日に近い更新をこなしていた。というか、一年足らずで230万ってどういうこと?


ちょっと、後半辛辣なレビューも見受けられたが……それでも挫けなかった彼だからこそできたのだろう。


素直に思うよ。おめでとう(。-`ω-)♪



吾輩は考える。

さて、何やら書籍化までの時差が結構あるように感じる………。


どうも、人気出てから……出るまで結構期間を要するみたいですね。まぁ、打ち合わせとかいろいろあるので、ありんすでしょ。未知の領域。ブラックボックス。


そのうちレポ的なものが出たら……おもしろそう。書籍化するまでって。もう、出てるかもしれないが………。あんのかな……?


まぁ、どうでもいいですよー。だいたひかるってどこに行ったんだろう?



吾輩は考える。

携帯の2年縛り。


これって……なんで2年も縛られなきゃいけないのだろう?

まぁ、全キャリア共通なのだろうけど……。2年ってなんやねん?


機種代分けるのに都合がいいというのもあるのかもしれない。けど、ちょいと機種代ない人からしたらめんどいの一言だろう。


半強制の2年縛り。


これは本当に必要なのだろうか?どうか、総務省の方、よろしくお願いいたします。



吾輩は考える。

星の価値が以前高い。


なぜだろう……読者は星をつけるのがしんどいのだろうか?

ポチポチですよ。ポチっとな。


一個でもいいんですよー。エッセイのタイトルで訴えてみるか。

看板みたいな扱いになり始めたタイトル。


果たして、いいのだろうか?まぁ、バカにはわからんのですよ。バカには。



吾輩は眠りにつく。


《つづく?》

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます