第257話 吾輩の憶測推理クラブ(。-`ω-)

吾輩は目を覚ました。こうもりが話しかけてくる。

「旦那、お目覚めですか?」

「なかなか・・・興味深いな」

「えっ?」

「これをもとに考えてみよう」

「?」


吾輩はあるものを見つける。


横浜駅を書いた人の創作論。・・・以前、みつけたと書いた気もするのだけれど・・・どこに書いたか見つからん。


本題は、そこではない。彼の近況だ。


創作論を読んでないで小説を書け!!

内容は、自分の目で確認してくれ。完全転載してもいいのだけれど・・・許可とれとか言われるとめんどうなので。


彼はなぜこんなことを書いたのか?

とても興味深い。ここからは、吾輩の憶測推理である。


なぜ、こんなものに星をつけたといわんばかりの内容だ。納得とレビュー書くのはおかしいぞと!!お前らだから、ダメなんだと!!


言わんとしていることはわかる。


必勝法?そんなもの、あるわけがない。彼もいくつかの条件に当てはまりうまくいっただけだ。彼の作品がどんなに素晴らしかろうと、それは変わらない。


吾輩は常々書いてきたと思う。時代がと。タイミングが重要でもあるんだ。


吾輩も創作論のあれは読んだ。

内容としてこう考えて、こうやったらうまくいったと書いてある。

書いてあるけども!!


誰もが彼と同じことをすれば成功するわけではない。

書いてるものが違えば、読む人種も異なるかもしれない。おまけに彼は何年もツイッターで培ったんだ。それを一朝一夕に真似るなどできるわけがない。


そして、彼は勝者だ。

彼が言うように、勝者が語ることに・・・正解を求めるのは・・・愚策だと思う。


理由はあとづけだと思うから。成功した要因分析をしたものに過ぎない。

それが正解かもわからない。

もしかしたら、彼の肩書も目に留まりやすかったのかもしれない。

いろんな条件があるんだ。あの文字数で全てを書いてるわけがない。


それを賞賛した人達に・・・なんだろう?あれは?


二通り考えられる。


照れ隠し?

皮肉?


吾輩的には後者だと・・・思ってしまってる。


ここが一番、吾輩的には興味深い。すごい興味深い。


人間観察的な・・・部分だから・・・あまり・・・いいものではないのかもしれないけど。これは、たぶん性分だ。性格が・・・悪いのかもしれない・・・吾輩。けど、すまん。これは肥やしになる。


『なぜ、その人はそうしたのか?と動機を考えることは、物語を書く上で重要だと思ってるから』



だから、憶測を開始する。



◇彼はを書いたのか?


こういう時、吾輩は相手の立場になって考える。


彼は、今忙しいだろう。漫画および小説、作品の宣伝など。本業および副業をこなしているのだから。


彼は、今精神的不安があるのではなかろうか?

いくつか理由はある。


大々的に宣伝をされている。カクヨム内では一位の宣伝量だ。

それが――売れなかったときが怖い。ほかの作品に負けるのも怖いのかもしれない。


さらに、彼は敵が多い。

これは、かわいそうなところでもある。

一回目のコンテストで彼は・・・予想外に敵を作ってしまったのかもしれない。見えない敵だ。しかも、おもしろ半分の連中も混じるだろう。


彼の失敗を望んでいるような節の輩がいる。

カクヨムにいて、それを願うのは・・・吾輩アホだと思うんだが・・・。だって、成功したほうが人が集まるだろう。そうすれば、自分が読まれる機会も増える。そのほうがいいに決まってる。


しかし――現状はそうではない。

理屈ではない。運営に対する不満すら、彼の作品に向いてるのかもしれない。なぜなら、彼が一番宣伝されているから。そして、売れなかったときに――勝ち誇るのは目に見えてる。何もしてないけど、彼らは勝った気になるだろう。


それを彼はわかっているのかもしれない。だからこそ、失敗が怖い。


意外と追い詰められている状況なのかもしれない。


そうすると彼の行動に辻褄があう。


そもそも、創作論・・・なぜ上げたのだろう? そして、それが読まれているのに、なぜ彼は皮肉めいたことを書いてしまうのだろう。


元の性質もあるかもしれない。けど、一番は不安から来ているものなのかも。


文句を言うやつらと同じに見えてるかもしれない。何も言わずに、作家志望なら書いとけよ!!という思いがあるのかもしれない。


正直に書くと・・・情緒不安定だ。何を求めて書いたのか・・・わからん。だって、カクヨム内はレビューで作品を貶すことはないのだから。褒めるしかないのだ。それをわかったうえで、彼はトラップみたいなものを上げて、皮肉を書いた。彼にとって何にもプラスにはならない・・・ような気がする。


それでも、彼はやってしまった。支離滅裂なことを。


ただ、馬鹿にしたかったわけではないと思う。何か――あったのだろう。たまっている不安が攻撃性に向いてしまったのかもしれない。



これらすべては憶測だ。それっぽく見えても、本人が語らなければ虚言である。だから、これは吾輩の妄想。彼という人物を吾輩は何も知らない。


単なるお遊び文章なので・・・ないと思うが・・・説得力ありとか、納得とか、真実としては受け取らないでほしい。別に彼の人格とかを書きたいわけではないんだ。


芸の肥やしとして、考えてみたかった。という幼稚な動機である。


「旦那・・・意外と考えましたね」

「ふぅ~、ちょい疲れたぜ・・・」


吾輩は眠りにつく。


《つづく?》

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます