第252話 吾輩・・・なにやら異変が?

吾輩は目を覚ました。こうもりが話しかけてくる。

「旦那、お目覚めですか?」

「いったい・・・なにが・・・起きてる?」

「わぁ!!」

「・・・なんだろうね・・・」

「旦那・・・すごいじゃないっすか!」

「星が増えて・・・PVも鬼のように増えてるんです」

「よかったすね♪」

「まぁ、一過性のものだろうけど」


吾輩のデットエンドちゃん。

さらに、バンパイアも伸びてるん!!

ぺんきさんお帰りなさいませ(/・ω・)/


唐突だが、うれしい出来事でありんす。

日常に変化が起きた。それが美味である。


ひゃっほー!!


人にとってはどうでもいいことでも、吾輩にとってはうれしい限り!!



吾輩は考える。

あぁ・・・自分で読み返してると罪悪感が・・・。

なんて・・・誤字脱字も多くて・・・。

説明が下手なんだ・・・。


あとでいっぱい直そう・・・。


まだまだ、直すところがいっぱいだし。

やることも書きたいこともいっぱいある。

バンパイアは直さない。一発書き保存の法則だから。


意外と幸せなのかもしれない。話のネタなどはいくらでもある。


ただ――今やることは、

たったひとつでもレベルを上げて仕上げることだろう。

それがまず優先。



吾輩は考える。

別にストーリ考えるのは苦じゃない。キャラを作るのも苦でもない。

表現を直すことは苦である。


これがたぶん一番、苦である。

伝えたいことが伝わらない部分だから。


これを感性を磨いて、完成させるしかない。



吾輩は考える。

とりあえず、2になって・・・過去の自分を超えたでありんす。

きたぜ・・・36の壁を越えたぜ。

話数は・・・桁違うけど。


それでも超えたという事実は力をくれる。

何か成長している気がする。


頑張った証は残っていく!!



吾輩は考える。

最近の自分の趣味がわかる。

結局・・・肉弾戦が好きなんやな。

どうも、武器は・・・刀は好きだけど・・・拳銃とかはちょっと。


武器に頼らず、肉体を使うことに魅了されてしまうのだろう。吾輩の場合。

武術は好きだけど、近代兵器は嫌い。


ただ、新型の武器とかであると・・・・テンション上がる。

ガンダムでよく使われた手法である。


新しい機体!?


これだけでテンション上がる。だいたい、無双とセットである。



吾輩は考える。

へいへいぼんぼん。


ラッパーは昔にもいたみたいだ。



吾輩は考える。

山芋の芽には毒がある。

牛乳と合わさると・・・危険です。

気を付けましょう。


見えない針みたいのが結晶化されて、ささります。

酢水を飲むと回復するみたいです。


酢酸とカルシウムです。きっと。


乳酸菌か?なんか、ベンゼンとかでやった気がします。



吾輩は考える。

書くこととは魂を削ることでもある。

それはそうだ。命の時間を削って書いてるのだから。

魂こもるだろう。


だからこそ、書きたいものを書いたほうがいいと思う。

だって、命を削ってるのだから。



吾輩は眠りにつく。


《つづく?》


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます