第243話 吾輩ある人の実力に気づく

吾輩は目を覚ました。こうもりが話しかけてくる。

「旦那、お目覚めですか?」

「・・・やっぱり、うまいな・・・ストーリ構成とか、わかりやすい文章とか」

「あの有名な人ですね」

「・・・これは売れないのか? おもしろいんだけどな」

「そうですね」

「・・・難しい世の中で」


吾輩はある人の作品を読む。

最近、書籍化作品ばかりみているのだが・・・。

てれん先生。


スニーカー文庫からでるものである。

普通にーおもしろい!!描写もわかりやすく、とてもサクサク読めるし、トリガーという設定もなかなかおもしろい。何をするかが、章の最初であきらかになる。そこに謎をちりばめていく。中二設定や、ちょっとお色気設定もありつつ、まさに王道といったイメージ。


さらに、このひと・・・コミカライズも2作ある。

漫画コンも入れてだけど・・・。

いろんな出版社から出している。時に爆死作家などと言われているのを目にするが・・・おもろいのを続けざまに書いてる気がする。


何が足りないのだろう? とても、まとまっている。

描写が完結なのがいけないのだろうか?? 吾輩的にはとてもわかりやすい描写表現である。確かにネット小説と言われれば、そうであるのだが、その中でも際立っている気もする。安定しておもしろそうなものを書いてる。


というか・・・一年で何作書いてるのだろう??

何作も出版している気がする。売れっ子である。


安定感がある物語をかける人なのであろう。勉強になる作品だす。


スニーカー文庫のやつは、おもしろいと思う。売れるといいですね。



吾輩は考える。

一人称と三人称を混同できないだろうか?

一人称で書くとき、ほかのキャラを移すときは、主観のキャラの目線を動かして、状態を伝える。三人称の時は神してなのでそのまま移る。


一人称だと、キャラの主観がスムーズにかける。主人公視点で。

三人称だと、複雑な動きを複数人するときに簡単にかける。場面移動も簡単。


この二つをミックスできるような書き方はないのだろうか?

うまい人は当然のように使っているのかもしれない。一人称の中に三人称的なものを混ぜるのが。


その技法はなんぞや?


吾輩は考える。

レノボの弱点を見つける。

F7キーが使えない・・・というか、ファンクションキーを使わないとカタカナ変換できん・・・。これ以外と無駄にやりづらい。

結構、カナ文字変換とか使うからな・・・。なぜ、いらんことを・・・。

中国だからだろうか・・・。漢字変換以外いらない。


カタカナの重要性は、いずれなくなるのかもしれない。



吾輩は考える。

あと10日で・・・小説コンである。

早く、始まんないかなー。また、作品がごった返す風景を見たいと思う。

あの時ぐらい活気が戻るといいなーとも。

なんか、騒がしかったからな、あの時は。

けど、意外と盛り上がっていたと思う。今は・・・なんかちょい静かに感じる。吾輩の周りだけだろうか?



吾輩は考える。

当たるも八卦だが・・・読みやすいと思うものに・・・セリフの後に感情が入るものが目に付く。


何か、セリフを受けて考える。

これがスムーズだと、サクサク読める気もする。

意外とセリフのやり取りの後っていうのが大切なのかもしれない。

そこを受けて何をカクカク。



吾輩は考える。

デットエンド2章・・・完成したと思ってたけど・・・。

どうも・・・付け足さなきゃいけないみたいだ・・・。

あそこで終わりと考えたときは何を考えていたのだろう?


少し、2章が伸びる可能性がある・・・。

3章につなげるための余韻が長いん・・・。


3章・・・全然書いてないな・・・あらすじ・・・を実地研修編で終わってる。

書くことはほぼ決まってるが・・・並べ方を悩んでいるのか・・・。いや・・・違うな・・・違うことで悩んでいる。


今は言えないが・・・。



吾輩は考える。

そろそろ、大掃除をせねばならぬ。

あまり・・・掃除は得意ではない・・・。

けど、気持ちよく新年を迎えるために・・・準備を使用。

何から手を付けようか?

掃除の一番のくじけるポイントである。どこからやろうと考えて、うごけない。

そして、日が暮れる。


吾輩は眠りにつく。


《つづく?》

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます