第223話 吾輩うれしいことがありましたとさ

吾輩は目を覚ました。こうもりが話しかけてくる。

「旦那、お目覚めですか?」

「星増えてるん!!」

「ホントですね・・・1個だけですけど」

「数は関係ない。読専様ということが重要」

「ホンマや!!」

「いつか、3個もらえるように頑張ろうっと!!」


吾輩はうれしい。

読専様から星を貰えた。

うれしいよね♪


いやはや、別に作者さんから星をもらうのがうれしくないわけではないが・・・。

疑心暗鬼的なものもありね・・・たまに複雑な気分をあじわったりするわけで。

そういうのが純粋にないからうれしい。


今日はいい日なのかもしれない。


作者さんでもうれしいけどね♪


吾輩はうれしい。

応援コメントを吾輩にしてはたくさんもらう。

うれしい。1個ずつ返信をしつつ、うれしい。


今日はうれしい日だ。ニンマリ。



吾輩は考える。

お題を出されて書ける人なら、多分長編は書けるだろう。

大体、キャラを増やせば物語が出来ていく。

そいつの背景とかバックボーンを書けばいいので。

それで増えていくはず。


6人登場したら、6人のバックボーンや、各個人での絡みとかいろいろあるし、

水増しはいくらでもできるのかもしれない。


ただし・・・本筋がぶれると良くはないかも。

塩梅が難しい・・・。そんなことを思った今日このごろ。


吾輩は考える。

ついに関東で雪が降るかもしれないらしい。

あまりつもりは、しないのだけれど・・・関東人は雪に大変弱い。

特に車さんとか。

スタッドレスに履き替えずに特攻する人も。

やはり、装備が重要なのであろう。


交通網を麻痺させる雪。

スキー場にはいっぱい降ってほしい。


吾輩は考える。

ゲレンデマジック。

通常の2倍だか3倍だか。


本当なのだろうか?

鼻水が凍ったりしない? つけまつげが吹っ飛んだりしない?


どちらでもいいか。けど・・・。


笑顔になることが多ければ、かわいく見えるかも。

人の笑顔ってのはいいものである。

よく笑う人はなんかいい人そうに見える。


吾輩は考える。

ファミレスのドリンクバー。

これを考えた人はすごい。


ついつい、飲んでしまうし居座ってしまう。

やっぱり、ドリンクというのは会話に欠かせないアイテムなのだろう。


吾輩は考える。

時に小説というのは人の気分をあげたり、落としたりする。

心に刺さる言葉があれば。


扱いが難しいものである。

最後まで読むと上げれるが・・・途中で断念すると落ちたままである。

・・・。


・・・・・・。

う~む。世知辛い。


吾輩は考える。

評価というのは時に人を惑わす。

評価されない・・・じゃあ、ダメだ。

なんてことはない。


色んなものが初めは評価されないのである。

いずれ一人歩きをするまで、見守ろう。


カラオケというのも最初はあまり知られてなかったが・・・いまではどこにでもある。

たまには、大声を出すのもいい。



吾輩は考える。

喜劇の王様。チャップリン。

彼は悲しい気持ちの雨の日は濡れにでかけたらしい。

そういうので、芸を育んだとか。

本当か?


けど、感情を揺さぶることは必要なのかもしれない。

たくさん感情を動かすことが必要だろう。

怒ったり、泣いたり、笑ったり。人目など気にせずするといい。

それは君の心だから。


心を殺してはいけない。死ななものだからそれは。ゾンビを相手にしてるようなものだ。


人を傷つけない感情を大事にしよう。それは、とても幸せにつながると思う。

そういう心を大事にしたい。


たまには、悲劇のヒロインごっこというのもいいのかもしれない。

膿は吐き出そう。


感情を失くしたら、いけない。

アルゴちゃんで、そういえば書いたな。


うむ。


吾輩は眠りにつく。


≪つづく?≫

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます