第199話 吾輩・・・書き直しをしまくる

吾輩は目を覚ました。こうもりが話しかけてくる。

「旦那、お目覚めですか?」

「・・・スマホ見て・・・PC見て・・・」

「なんか、手間かかることしてますね?スマホでやっちゃえばいいじゃないっすか」

「いや・・・スマホの編集重いんよ・・・」

「・・・サイですか」


吾輩はデットエンド1章を改造工事中。

どうもね・・・てにをはがおかしかったり・・・読点も多いのかなとか・・・。

あらすじを書き換えたり・・・。

スマホの画面と見比べて、何がおかしいかを研究中。


スマホで見ると・・・結構改行が可笑しく・・・。

なんか・・・泣けてくる・・・。


 □□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

 □□□□□□□□□□□


こうなってるのが・・・


 □□□□□□□□□□□□□□

□□□□□

 □□□□□□□□□□□


こうなるのね・・・。なんか・・・・気持ち悪い。

画面サイズにもよるのかな・・・。

全部文字数を統一しちゃえばいいのかもしんないけど・・・。

どうなのだろう・・・。


とりあえず、文字数を変えるところは終わった。

3千~5千に変更。


読ませる努力をしよう。

それぐらいしか、やることはない。

整え方を覚えて1作書き上げるのだ。

それが大事だろう。すっきり終わるように。


『ミレニアムバグ』って単語を見つけて、気に入ったので取り入れてみよう。

あらすじももっと改良しよう。おもしろさが伝わるように。

以前書いたやつをそのまま張り付けたけど、なんかまだ変えられる気がする。


タイトルも普通すぎるような・・・。

DTEで終わらせねぇとかするか・・・。

DTエンドで終わらせねぇ。

ミスリードを誘うか・・・。

一応、異世界童貞ってことだし・・・。


やり方を変えたらなんか変わったりするのか・・・わからんけど。

12月に現代ファンタジーできるし・・・。

どちらかというとそっち移すのだろうな・・・。

現代アクションといいつつ・・・。

どっちなんだろう?

まぁ、よく読んで考えよう、規約を。


吾輩は考える。

書いてると癖ってあるよね。

きっととか。多分って書くのは癖なんだろうな。

わかりやすい癖である。


あと、違う。

違う。ってよく書いてる気がする。

自分で自分の癖が見えるっていうのも不思議なもんで・・・。

けど、治らないもんで。

長い付き合いになりそうである。


吾輩は眠りにつく。


≪つづく?≫

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます