第173話 吾輩はやれることをやるだけである

吾輩は目を覚ました。こうもりが話しかけてくる。

「旦那、お目覚めですか?」

「これからだ!」

「うん?」

「一度きりの人生だからな」

「・・・そうですね?」


吾輩は考える。

よくある質問である。

5年後の自分を想像しろ。どうなっていたいか?


使い古された言葉。

吾輩はこの言葉が・・・大っ嫌いであるッ!!


わかるわけがない。

理想を描くのだろうが、逆算してじゃあ今どうすればいいか?

知るか。うんなもん。


先を見据えることは大事である。

日々の過ごし方を見て、当然の結果とかいうやつがいる。

知るか!バカ!!


と思ってしまう。言ってることの意味はわかってる。

理想に近づくために何をやればいいかを考えて計画を立てろ。

そして、遂行しろ!


こういうことだ。

だけど、それは無理だ。

理想を描くまではいいと思う。どうしたらというのは、予測不可能なのである。

そこには様々な条件が発生する。

色々な要因が。抗えないものもある。

それをわかったうえでこの言葉を使っているのかと?


簡単に未来予知などできるわけがない。

数多の人間が理想を描いて動く。

皆が同じことをし始めたらその理想の位置をずらしてせねばなるまい。

簡単に答えられる質問ではないのだ。

そして、答えを出せるものなどこの世にはいない。


単位を縮めて、1年後はどうなってる?

知るか、ボケ!!


1年先でも予測不可能じゃ!!出来たらロト7でも買ってるわ!!

はぁ・・・はぁ・・・。


・・・ちょいと荒れ気味か・・・やる気が空回りしてるな・・・。


目的と計画を立てましょう。

それだけの中身の言葉である。この言葉の真理は。

それだけのことをさも上から目線で語るやつがいる。

心の中でハイハイと思ってしまう。

悪いことだが・・・。

だって、それはその人の言葉じゃなくて借り物の言葉だから。

そこには何もないのである。

定型文と言ってもいい。機械か・・・あなたは?


人間できることなんて限られる。

目の前のことをやるだけである。

結果を求めてやるのは・・・いいことなのだろうか?

どうなのだろう・・・。

成果主義のみでいいのだろうか・・・。


要領よく生きていくことは大事である。

楽することは大事。


結局・・・何を言いたいのだろう。

よくわからん、不満をぶつけてしまう。


理想などといいつつ・・・現実的な枠に収まるっていうのは、

悲しいと思ってしまう・・・。

いいじゃん。大言壮語で。


夢を見ることを忘れて何が楽しいのか?


・・・と怒り気味で来てしまったが・・・。

まぁ、この言葉を考え始めたのがいけないな。


だって、大嫌いっだから!!

つまらない言葉だと吾輩は思う。


吾輩は眠りにつく。


≪つづく?≫

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます