第100話 吾輩漫画コンテストを終えると同時に・・・

吾輩は目を覚ました。こうもりが話しかけてくる。

「旦那、お目覚めですか?」

「・・・ふぃ~・・・やっと終わった・・・」

「お疲れ様です」

「・・・あとは待つばかりなのである」

「そうですね」


吾輩は漫画コンテストを無事に終えた。

はぁ・・・疲れた。やっぱり、傍から見ているのと参加するのはちょいと違う。

参加型は疲れるですね。えぇ。

色々、濃いい時間のコンテストだった。いい作品もいっぱいあった。

あとは、少年エースが何を選ぶかだろう。

それだけだ。読者選考は、どこまで参考にするか?

そこは難しいところでもあります。そもそも、絵を描く人が誰なのだろう・・・。

その人によって結構作品のカテゴリーも変わってくるであろう。

ラブコメ専門の方だったら、まずバトルものは取らないし・・・。

一番避けて欲しいのは・・・大賞無し。

わぉ・・・ってなりそう。いやいや、2300近いのになかったら・・・あれだ。

難しい。まぁ、遊び半分なのもあるけど・・・。

ちょいと近況に書いてしまった。おふざけが過ぎるぞ。

書かなきゃ何も伝わらんからな・・。

ちょいと考えればわかりそうだけど・・・。考えもしないのだろう。


何をしたいかも不明だ。吾輩はこういうものは断固評価をつけない。

つけたら、吾輩だったら、そいつを見下しかねない。そういう行為だと思ってる。個人的に。


吾輩は考える。

兄貴から感想をもらった。

いやはや、まったく指摘がわかるぜ。

Web小説っぽいとは的確である。これ以外では・・・扱われにくいだろう。濁して書いてしまった。まぁ、書き直さなければ使えない。というのが正しいだろう。

類がない書き方をしている。それは間違いない。

そもそも、この書き方・・・見たことないけど・・・どうやって思いついたんだろう?

オリジナルといえば聞こえはいいが・・・。まぁ、ちょいとオカシイ書き方だ。

主人公に感情移入しにくいというは当然。

それは、狙ってさせないように書いてるのがあるから。だから、おかしい主人公でOK!

普通のやつではない。そいつは。

ただ、やはり始めインパクト!これはちょいとな~どうにかせねば。とは考える。

中々、掴みが難しいよね♪


吾輩は考える。

電撃3次までいった人がエッセイを書いてる。

結構おもしろいですよ( ゚Д゚)

2次まで行った自信作を無理くりあげてもらった。

なかなか面白かった。

ぜひ、参考に読んでみては?


吾輩は眠りにつかない!!


唐突ですが・・・

実は・・・

バンパイア2長らくやってまいりましたが・・・


あれです・・・・


えぇ・・・


申し上げにくいのですが・・・


あれなんです・・・


・・・・


・・・・


・・・・・・・・・・


・・・・・・・・・・・・・・・



100話到達しましたぁああああああああああああああああ!!

てへっ(´◉◞౪◟◉)


ということでこれからもよろしくお願いいたします。


「旦那・・・前振りが下手過ぎますね・・・」

「アイちゃんやめへんでぇええ!!やめへぇんでぇえ!!」

「・・・知ってます・・・続けることは」

「エヘヘ」


吾輩は眠りにつく。


≪つづく?≫

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます