第99話 吾輩は少しずつ考えを改める

吾輩は目を覚ました。こうもりが話しかけてくる。

「旦那、お目覚めですか?」

「・・・うむ。34位か。結構上がったな・・・ていうか上がりすぎだよな」

「・・・本当ですね」

「まぁ・・・。いいか。」


吾輩は色々あって、そう・・・色々あって、34位までのし上がりました。

200位と100位の間をさまよって、今34位。

ちょいと、駆け上った気もします。レビューもPVが動いておりちゃんとお読み頂けてるみたいです。

だからこそ、考え深い。

というか、最近イラつきを覚え始めている。

読まれない、おもしろいもの書いてるやつら。

正直、いうよ。

ちょっとは、動け!!お前ら活動もせずに手に取ってもらえることをずっとじーと待つのは、良くないぞ!!

正直いう!!お前ら自身の作品に自信がないのか?

これはおもしろいものを書いたって!!

それは使い捨てなのか?そんなものを人に読ませるのか?

オマエの作品をお前が勧めなければ、永久に先は見えてこない!!

だって、熱意がないんだ・・・。無言でひたすら書き続けるのはいいよ。わかる。

けど、いっぱい書いてもいいけど、どれかが一番なのだろう?

その一番はどこに眠ってるんだ?それとも出してないのか?公募なのか?

2241作品ある。その中で少しは飛び出せ。簡単だ。やり方は見てればわかるだろう?

ちょっとでいい。まずはレビューを貰え・・・。頼むよ。

君たちの熱意が感じられずにちょいと怒りを覚え始める。まだ、星爆さんたちの方が勢力的だ。熱意を感じる。やる気がないものに手を貸すのは・・・難しいよ。

それが吾輩のイラつきの原因だ。頼む、少しの時間でいい。他の作品を読んでレビューをかけ。1割でいいんだ。どこかに参考になるものはたくさんあるよ。それが糧になるはずだから。表現の。

頑張れ、読まれない努力をし続ける者たちよ!!


吾輩は考える。

ということで、ちょいと読まれない作者たちをしばらく放置することにしました。

活動をしない人を応援してもしょうがない。ほりあげようと思うことはあったけど、活動してない人たちの作品を掘り当てるより、活動している今頑張っている人の作品に目を向けることにする。努力している人が好きだ。ただ、少しは見えない努力だけではなく、見える努力をしてほしい。才能が埋もれてしまうよ。

だから、頑張れ・・・。無駄にしようとするな。


吾輩は考える。

これから、サイトは人が少なくなるだろう。漫画コンテストが終わり、日常に戻る。というか、シナリオコンがあるが・・・。盛況ではないだろう。読む方も難しい。扱いが。そもそも暴力描写表示が多い・・・。全年齢対象ゲームではないのだろうか・・・。モンスターに対しての行為は暴力とは違うと判断する吾輩は。まぁ、人もどきになると難しいが・・・。ということでお祭りが終わりを迎え始める。

これは難しくなるよ・・・。というか、ちょっと副垢みたいなのが・・・またあるな・・・。ツイッターのフォローさん達だろうか?

作者のファンであろうか?

ちょっと、判断が難しい・・・。20個しかない椅子もそれではじかれてしまうのか・・・。ちょいと、この椅子取りゲームは・・・人道的に良くないだろう。悪いものとして目に移ることがある。


あっ!?吾輩は活動するよ、ちゃんと。コンテストが無くても。



吾輩は眠りにつく。


≪つづく≫

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます