第34話 吾輩は知る人ぞ知るガンジータイムにはいる

吾輩は目を覚ました。こうもりが話しかけてくる。

「旦那、お目覚めですか?」

「能力の覚醒を感じる・・・頭の中の種が割れそうだ」

「お疲れなのですね」

「ガンジータイム突入です」


吾輩は懐かしのガンジータイムに突入する。

お休みをいただきます。探さないでください。


一言だけ。

静かなのは漫画コンテストに向け皆準備をしているからだと考えました。

その方がハッピーエンドっぽいので。


≪つづく?≫

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます