すぱ〜ク。

いつものバス停にて――


「牛丼屋で牛丼を安く食べる方法?」

月夜がグルメ系アプリの中にあった、そんな記事を読んでいた。


「各種のスマホ決済をつかえば大手牛丼三社でお得にね〜……一杯一六〇円は確かに安いわよね」

記事を読みながら、そんな声を洩らす。


「問題はあれもこれもってスマホ決済やカ〜ドの類つくると面倒なのよね〜。一個にまとめて全部サ〜ビス対応の最強の決済ってないのかしら?」

月夜がそんな風に消費者のワガママを口にしている隣では、


「アマゾンのデンキうなぎこのほどチョ〜サしてあらたにふたつのブンルイにわけるコトになった? ヘェ〜……そ〜なんだぁ〜」

イブキがテクノロジ〜系ニュ〜スの中にあった、そんな記事を読んでいた。


「これまでド〜ブツがホ〜デンできるのは650ボルトがさいだいとされてきたが、あたらし〜のは860ボルトをケ〜ソクした。ス〜ジだとすごさがわっかんないなぁ〜」


「デンキうなぎはデンアツはチシリョ〜の10バイもあるっ⁉︎ しかし、デンリュ〜が800ボルトでホ〜デンじかんもみじかいコトからケンコ〜たいならしぬコトはない……ふむふみゅ……」

池でオッさんが一瞬で失神する動画を見ながら、


「キゼツはさせられるけど、チメ〜ショ〜にはならない……」

ロコツにがっかりした表情で、


「そんなんじゃダメよっ!」

隣の月夜がそういって口を挟んでくる。


「そ〜だよねぇ〜。やっぱしヒトをたおすぐらいじゃないとパニックえ〜がのモンスタ〜として――」


「味よっ!」


「ん?」


「味はど〜なの? おいし〜のっ?」

真剣な表情でそう問い詰めてくる月夜だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます