れぷりカ。

いつものバス停にて――


「一キロの特大チ〜ズをのっけたピザっ⁉︎」

月夜がグルメ系アプリの中にあった、そんな記事を読んでいた。


「一キロのチ〜ズって……」

溶けたチ〜ズが溶岩のように泡立つ表面をしたピザを想像する。


「切り分けると『うにょ〜ん』って伸びるわよね! ぜったい」

チ〜ズが餅のように伸びる様をイメ〜ジする。


「いいわね〜。やっぱり量は正義よね〜」

月夜がそんな事を言っている隣では、


「じぶんのコピ〜がつくれるアプリっ⁉︎」

イブキがテクノロジ〜系ニュ〜スの中にあった、そんな記事を読んでいた。


「チャットアプリでつかえば、つかうほどそのヒトのクセやクチョ〜、シュミ、トクチョ〜がラ〜ニングしてユ〜ザ〜ににていく……う〜みゅ……そ〜ゆ〜かんじかぁ〜」

イブキが想像していた某映画のように頭にプラグを刺して的なイメ〜ジと違い、ガッカリする。


「このアプリはユ〜ザ〜がしんじゃったあとにアバタ〜としてイゾクのかたとカイワするコトもソ〜テ〜しているかぁ〜……イブキさんリョ〜サンできんだっ!」

イブキは自分と同じ能力のプレイヤ〜を引き連れてFPSの世界で殺戮する様をイメ〜ジする。


「いいねぇ〜……リョ〜サンがたイブキさん」


「アンタなんか量産して、なんの意味があんのよ」

背後から呆れ顔でそういう月夜だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます