あんたっちゃぶル。

いつものバス停にて――


「ピザ屋の月見ピザがすごいと話題?」

月夜がグルメアプリの中にあった、そんな記事を読んでいた。


「なにがすごいのかしら〜? すっごい月見――なんなら月にそっくりなピザとかかしら?」

首を傾げながら、そんな事をいい続きを読み進める。


「プルとろ月見ピザ……」

商品画像を読み込まれる。


「タマゴは生なのね〜……すっごいいっぱいはいってるよ〜に見えるケド、生タマゴをそのままのっけたピザか〜……一回食べてみないとね〜」

月夜がそんな風に言っている隣では、


「ニホンのオトコのヒトをタイショ〜にしたチョ〜サでPSVRはド〜ガしちょ〜によくつかわれ、いっかいあたりのジカンはみじかく、いちにちにフクス〜かいシヨ〜されている」

イブキがテクノロジ〜系ニュ〜スの中にあった、そんな記事を読んでいた。


「ヘェ〜……そんなかんじにつかわれてんだぁ〜……ド〜ガをみる……なにみてんだろぉ〜? みじかいってコトはエ〜ガやアニメじゃないんだよねぇ〜?」

記事を読みつつ疑問符を浮かべる。


「ゲ〜ムど〜がもあんましみじかくないしなぁ〜……」


「なんで、そんな事気になんのよ?」


「これがわかればオトコのヒト――とくにゲ〜ムをやるヒトのシコ〜がわかるでしょ?」


「それを分析して彼氏を作るきっかけを探す?」


「そそ。でも、なんだろぉ〜? みじかいド〜ガでいちにち2〜4かい……ふ〜みゅ……」


「あ〜……。た、たぶん……」

月夜は少し顔を赤くしながら、


「なになに? いったいなにみてんのぉ〜?」


「わからないなら、そのまま知らない方がいいわよ。男性も触れてほしくないだろ〜し」

そういって詳しい事を避ける月夜だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます