び~び~きュ~。

いつものバス停にて――


「しんがたのSwitchにあわせてニュ〜モデルもでるっ⁉︎」

イブキがゲ〜ム系ニュ〜スの中にあった、そんな記事を読んでいた。


「バッテリ〜をキョ〜か。いままだ

2、5〜6、5ジカンだったのをニュ〜では2、5〜9、0ジカンにっ⁉︎ カカクはそのまま29980エン。これバッテリ〜だけほし〜なぁ〜。Uのときもバッテリ〜だけおっきいのにかえたモン。バッテリ〜パックのみうってほし〜」

物欲しそうにそんな事をいうイブキの隣では、


「最新のBBQ道具?」

月夜がグルメ系アプリの中にあった、そんな記事を読んでいた。


「最新って焦げつかない網とか?」

首を傾げそういう月夜。


「電池駆動で煙がでないグリル……う〜ん……確かに近隣の迷惑にはなんないケド……あのお肉からでる香ばしい煙がないのはねぇ〜」

月夜が河川敷の近くで肉香に反応し遠目に見たパリピのBBQ姿を思い出しながら、


「あれないなら焼肉屋でいいのよね〜」

最新の機器にそんな文句を言いつつ続きを読み進める。


「次は――蓄電機能を搭載したグリル?」


「お〜! そのメ〜カ〜、おちばとかをネンリョ〜にするスト〜ブにハツデンきの〜とかくっつけたトコだぁ〜」


「今度はグリルに送風機能つけて火力を調整できるみたい」


「へェ〜……カリョクかぁ〜」

そう聞いてなぜか艦船の主砲をイメ〜ジするイブキ。


「BBQでは火力が重要ってアメリカの人が言ってた気がするわ」


「ふ〜ん……」

イメ〜ジの中にアメリカの国家がBGMとして加えられる。


「「まあ、やったことないからわかない」」

そ〜ゆ〜派手な夏イベとは無縁の二人だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます