れ〜ザ〜。

いつものバス停にて――


「お肉ドッサリグルメセットっ⁉︎」

月夜がグルメ系アプリの中にあった、牛丼チェ〜ンの新メニュ〜を見ながら、


「いい名前よね〜。お肉ドッサリ……ドッサリ……」

月夜は皿に盛られた天井にとどかんばかりの鬼盛りの肉山をイメ〜ジする。


「通常の三倍っ! 大盛りの二、五倍の量っ! いいわね〜ライスは大盛り、特盛りに変更可能! こ〜ゆ〜のよねっ! 暑い時こそ肉肉肉!」

朝に麦メシ牛丼、昼前に軽く肉サンド、昼に牛丼、三時のオヤツに肉まん、夜に厚厚ステ〜キを想像する。


「やっぱり、こ〜よね〜……」

月夜がそんな事を考えている隣では、


「レ〜ザでカのイチをおしえてくれるデバイスっ⁉︎」

イブキが首筋を『びた〜ん!』と叩きながら、


「ん〜……にがしたぁ〜」

首に手形をつけたまま中空を飛ぶ蚊へ恨めしい視線を送る。


「アイツけっこ〜はやいなぁ〜……マグネットコ〜ティング……うんん。サイコフレ〜ムと〜さいがたかっ⁉︎」

黒く小さいタ〜ゲットを見失い、そんな事をいう。


「こんなときヒツヨ〜なのかぁ〜」

手にもったスマホ画面を見る。


「カメラでロックオンしたカをアルゴリズムかいせきしてレ〜ザをはっしゃ! ばしょをおしえてくれる……いっそコ〜シュツリョクでやいちゃってくれてもい〜のに〜」


「そ〜だよぉ! セントリ〜ガンせんせ〜みたいなモノだもん。レ〜ザポインタ〜でマ〜カとかじゃなくって、レ〜ザ〜でせんめつでいいよぉ!」

蚊憎しのあまり、そんな事を力説する。


「頬吸われてるわよ」

さらに蚊への敵対心が強まったイブキだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます