あいえすえス。

 いつものバス停にて――


「牛皿麦とろ御前……これ見ると夏がきたっ! って気がするわね~」

 月夜がグルメ系アプリの中にあった、そんな記事を読んでいた。


「あとウナギが増えてきても夏って気がするわね。絶滅絶滅って騒がれだしたから、受注生産とかにして大量廃棄しない感じで数を増やしたいわね。もしウナギがいなくなったら、この世界のいいところベスト一〇の一個がなくなっちゃうわっ!」

 月夜が勝手な基準でつくったそんな名簿の心配をしている隣では、


「フツ〜のヒトでのウチュ〜ステ〜ションにいくことができるっ⁉︎」

イブキがテクノロジ〜系ニュ〜スの中にあった、そんな記事を読んでいた。


「はやければ2020ネンに380マンエンはらえばウチュ〜ステ〜ションにとまれる……。ねだんもそんなにたかくないなぁ〜……ウチュ〜かぁ〜……」

イブキは動画でみた景色の中でプカプカ浮いてる自身の姿をイメ〜ジする。


「ウチなら三八〇万円ぶんの牛皿とろ御膳かな〜」

そんな月夜の呟きでイメ〜ジは牛皿の山にかわる。


「え〜! ウチュ〜だよ! ヒトのカクシンがあんだよっ‼︎ いってみたいじゃん」


「そう? お肉食べたら幸せになれるわよ」


「ウチュ〜にいったらニュ〜タイプになれるよっ!」


「ウチは肉かな〜」

価値観が違いすぎる二人だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます