あだるト。

いつものバス停にて――


「VRのソ〜ドアクションがSteamでカイシかぁ〜」

イブキがゲ〜ム系ニュ〜スの中にあった、そんな記事を読んでいた。


「じっさいにカラダをうごかしてテキとたたかうゲ〜ムってやっぱしブド〜やってるヒトのがユ〜リなのかな?」

ゲ〜ム画面のスクショを見ながら、そんな事を言う。


「コ〜ゲキはじいたり、あるブフンをねらってコ〜ゲキしたり……4ニンでのクロスプレ〜もカノ〜――VRモンハンみたいなかんじなのかぁ〜? ただハ〜ドそろえるのがタイヘンだよねぇ〜」

イブキがそんな事を言っている隣では、


「あるSAにある丼は話題?」

月夜がグルメ系アプリの中にあった、そんな記事を読んでいた。


「その名も大人様ランチ? なにかしら?」

首を傾げながら続きを読み進める。


「こ、これが……そうなのね……」

出てきた画像――ライスが六〇〇グラムに唐揚げ三個、ソ〜スカツにメンチカツ、カレ〜のかかったカツの三種類、コロッケにゆでタマゴとかなりの量。


「うへ! それオトナサマランチってオトナでもたべきれるヒトいないんじゃない?」

横で画像を見たイブキがそう言ってくる。


「大人ならこれくらい楽勝よっ! むしろ味噌汁とライスもつけた定食にしてほしいぐらいよっ‼︎」


「そっかなぁ〜……」

不満顔のイブキに、


「アンタ子供だからムリなのよ」

イブキのムネのあたり見ながらそういう月夜だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます