ゆ〜えふオ〜。

いつものバス停にて――


「へぇ〜……新メニュ〜はカレ〜うどん……かつ丼屋なのに」

月夜がグルメ系アプリの中にあった、そんな記事を読んでいた。


「ん? カレ〜うどん……かつ丼? カレ〜うどんとカツ丼なのかしら?」

かつ丼チェ〜ンの新メニュ〜に首を傾げる。


「カレ〜うどんとカツ丼混ぜちゃったのっ⁉︎」

読み込まれた画像を見るなり、そんな声をあげる。


「炭水化物×炭水化物のボリュ〜ム丼……」

カレ〜うどんとカツ丼が見事に混ざった丼物を見ながら、そんな声を洩らす。


「はっ! もし牛丼×牛丼がでたらっ!」

月夜がそんな事を言っている隣では、


「アメリカさんのニシかいがんでとつじょ130キロしほ〜きょだいヒコ〜ぶったいがサンディエゴをめざしてとんでいるとレ〜ダ〜いんホ〜コクっ! いちじエイリアンしゅ〜らいとわだいにっ! そっか〜……ついにきたかぁ〜……でもゲキタイしたんだろねぇ〜アメリカさんだもん」

テクノロジ〜系ニュ〜スの中にあった、そんな記事を読んでいた。


「それでど〜なったのかなぁ〜? きょだいヒコ〜ぶったいとおもわれたモノはテントウムシのむれだったっ! そんなんもうつるんだっ⁉︎ にくがんでみるとくろいちいさなシュ〜ゴ〜たいがうごめくさまがカクニンされたかぁ〜……ムシぎらいなヒトにはつらいねぇ〜」


「てんとう虫ならそんなに嫌いな人いないんじゃない?」


「……月夜。テントウムシはドクあるからたべちゃダメだよ」


「そういう好みじゃないわよっ!」

そう言い返す月夜だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます