あぷリ。

いつものバス停にて――


「ハイν〜のしんがたフィギアかぁ〜……」

イブキがホビ〜系の情報を集めたアプリを見ながら、


「ただでさえつよいのにコンカイはハイパ〜メガバズ〜カ〜ランチャ〜までついてくんだっ! スパロボでMAPへ〜きあつかいになんのかなぁ〜?」

同梱の内容を見ながら、


「νガンもむかしくらべてバリエ〜ションふえてきたよねぇ〜。もともとつよかったのにさらにいろいろなセッテ〜いれて、もうカラ〜リングがジミなコトいがいケッテンはなさそ〜」

フィギアの画像を見ながら、そんな事を言っているイブキの隣では、


「スマホのアプリを使って一日三万円稼げるっ⁉︎」

月夜がそんな怪しい話しに食いついていた!


「はぁ〜……スマホ操作だけでお金が稼げる時代になったのね〜……そりゃ〜べ〜シックインカム導入しようって話しにもなるわね〜」

そんな事を言いながら続きを読み進める。


「仕組みは――仮想通貨が複数の取引所で差額がでたときにスマホに通知され、それに合わせて取引すれば確実に儲かる……そ〜なのね」

なんの疑いもなく表示された説明を鵜呑みにする。


「まずは入会金で一〇万円かかるのね〜。でも、四日で取り戻せるし――」


……月夜。それサギだよ。ほらショ〜ヒシャチョ〜がチュ〜イかんきしてる」

またも怪しい商売に釣られる月夜だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます