きょ〜しつのやミ。

いつものバス停にて――


「フライドチキン界に激震っ⁉︎ なにかしら?」

月夜がグルメ系アプリの中にあった、そんな記事を読んでいた。


「アメリカのKFCが公式のインスタにイケメン細マッチョのカ〜ネルさんを公開っ⁉︎ カ〜ネルさんってあの店の前にいるふっくらした初老の人よね?」

白髪、白髭で黒縁メガネはそのままだが、ほかのパ〜ツがすべて入れ替わっている画像を見ながら、


「ジムで筋トレしてる……荒野で馬にものってる……キッチンで調理もしてるし意識高い系だったんだっ⁉︎」

月夜がそんな風にショックを受けている隣では、


「な、な、なんだって〜〜〜〜〜〜〜っ⁉︎」

イブキもなにやらショックを受けていた。


「な、なによいきなり」

月夜が耳を押さえながら、抗議する。


「んと……つまんないジュギョ〜のときにさぁ〜『もし……いまガッコ〜にテロリストがやってきたら……』みたいなモ〜ソ〜するじゃない?」


「……しないわよ」

厨二発言に呆れ顏で返す月夜。


「じつはセンセ〜のほ〜うも『いまコ〜テ〜にヘリでクニのエライひとがやってきて「せんせいのそのガクシキがヒツヨ〜なんですっ! いっしょにきてくださいっ‼︎ キンキュ〜です」ってきたらオレは……』みたいなモ〜ソ〜してんだって」


「そんな事考えてんのっ⁉︎」


「つまり、つんまないジュギョ〜のときのはテロリストとヘリのモ〜ソ〜がキョ〜シツをシハイしてんだよっ!」


「ある意味、教室の闇ね」

教師も厨二妄想する時代に呆れる月夜だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます