は〜どル。

 いつものバス停にて――


「ロ~ストビ~フまぜそばか~……」

 月夜が回転寿司チェ~ンの新メニュ~を見ながら、


「肉がいっぱいのったまぜそば……」

 月夜は下の麺がまったく見えないほど山盛りになったロ~ストビ~フの丼をイメ~ジする。


「しかも追い肉もできるっ! 追い肉……いい言葉よね~流行らないかしら? 牛丼屋、焼き肉屋、ステ~キ屋でも使いたいわよね~追い肉」

 月夜がそんな夢を見ている隣では、


「しんがたスイッチのハンバイは6ガツごろかぁ~……」

 イブキがテクノロジ~系ニュ~スの中にあった、そんな記事を読んでいた。


「ケ〜タイとっかがたになるってウワサだけど、ど〜なのかなぁ〜……ハイネツがね〜……ケッコ〜あっつくなるからそこらへんシンパイなんだよね〜」


「あとおもいよねぇ〜。ジョイコンがコテ〜になるとおも〜けどケイリョ〜かはしてほし〜かも?」


「あとはカカクだよね〜ドッグきの〜なくなるならやすくなるのかなぁ〜?」


「イブキさんのヨソ〜では6ガツのE3でスペックはっぴょ〜するとみた! ケイリョ〜でハイネツセ〜ノ〜もよくってカカクは2マンエンきってくる1マンちょいで3DSLLのコ〜ケ〜ってかんがえると1マン8000エンかな〜」


「なんでアンタが勝手にハ〜ドル上げてんの?」

イブキの無茶な要求を諌める月夜だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます