ふぇれんでるしゅた~でン。

 いつものバス停にて――


「ちょっとまえにどっちがわでもハマるUSBメモリ~ってのがあったけど……」

 イブキがテクノロジ~系ニュ~スを読みながら、そんな事を言っていた。


「こんどはUSBメモリはそのままひっこぬくがデフォになんだ~……こんどからはハ~ドウェアのアンゼンななんちゃらとかゆ~メッセ~ジでなくなんのかなぁ~?」


「こ~ゆ~コトにしっかりついていかないとレ~ワのヒトに「なんですか? それ??」っていわれちゃうモンね! ヘ~セ~うまれはツレ~わぁ」

 黒づくめ王子のマネをしているイブキの隣では、


「あぁ! あれフシギだよねぇ~」

 イブキが口をはさんでくる。


「フェレンデルシュタ~ゲンげんしょ~ってゆ~だって! なまえもカッコイイよねっ!! ドイツのリ~ゲン・シュタ~デンってゆ~ヒトがつけたんだって」

 瞳をキラッキラさせながら、言ってくる。


「かってたネコのフェレンゲルがなんもないトコみてるからケンキュ~しよ~としたんだって、やっぱしヒトにはみえないモノがいんのかなぁ~……オバケとかオバケとか……」


「ん~……なんか猫のそ~ゆ~モノじゃないみたいよ」

 そういってスマホ画面を見せる。


「猫の感覚はすっごい鋭敏だから人には見えない壁にいる虫とかを見てるんだってさ」


「え~!」

 不満な声を洩らすイブキ。


「これから猫がなにもないトコ見てても「あ~ウチじゃわからない音とか虫をみてるのね~」って思えるわ!」

 そういって理論武装を強めるオカルト嫌いな月夜だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます