おしゃれへア〜。

いつものバス停にて――


「スマホメ〜カ〜のリンゴさんがゲ〜ムがいしゃをバイシュ〜っ⁉︎」

イブキがテクノロジ〜系ニュ〜スの中にあった、そんな記事を読んでいた。


「もしホントならスイッチホンとかiSwitchとかでちゃうのかな〜?」


「リンゴさんのゲ〜ムやりほ〜だいサ〜ビスにシュルイがふえたり、マリ○ランのときのよ〜なかいきりアプリゲ〜がふえるかな? そ〜だといいんだけどなぁ〜……」

そんな風に両社のメリットを考えているイブキの隣では、


「いま流行ってるチュッパチャプスヘア〜?」

月夜がオシャレ系ニュ〜スの中にあった、そんな記事を読んでいた。


「へぇ〜こんなん流行ってるのね〜」

インスタやその他のSNSなどででてきた画像を見ながら、


「知ってた?」

画像をイブキに見せながら、そんな事を聞く。


「あ〜……ほら」

そういって自撮り画像をみせるイブキ。


「テキト〜にカミまとめてチュッパチャプスのボ〜のトコをさすだけだからケッコ〜かんたんだよ」


「そうなんだ。ウチにはあんまり似合いそうにないからな〜……でも、そんなに簡単なのに一回も見たいこよないわね〜」


「うん〜……こ〜ゆ〜のってみばえはい〜んだけど、あんまりフダンのセ〜カツにはむかないんだよね〜」


「そなの?」


「そそ。じどりしたあともけっきょくアップしなかったし」


「ふ〜ん……」


「あとチュッパチャプスはたべるモンだしねっ!」

あぁ……我慢できなくって全部食べちゃったんだな〜と悟る月夜だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます