いれぐイ。

いつものバス停にて――


「キノ〜はわだいいっぱいのイチニチだったなぁ〜……」

イブキが大量に溢れたTwitter上のエイプリルフ〜ル企画を思いだしながら、


「そ〜いえばレイワ? になったんだっけ?」


「来月からよ」


「あっ! そ〜なんだ」


「昨日は発表だけね。変わるのは五月から」

月夜がそう言ってくる。


「そっか、そっか。ちなみに月夜がみてる、ホネだけチキンはウソきかくだかんネ」


「そ、そうなのっ⁉︎」


「そそ」


「じゃ――この人気ポテチが飲み物になった――」


「それもネタだって! イブキさんのダイスキなピザポテはそんなんださない」

言ってからカップ麺のイメ〜ジを浮かんだが、無視した。


「じゃ、このカップヤキソバ超大盛りギガマックス三六五はホントよね? 一年分のヤキソバを一度に味わえる最高の一品。成人男性約四〇〇人分のカロリ〜がある」


「もう、そのジテンでないよね〜」


「そ、そんな……ウチのヤキソバ祭りが……」

月夜の頭の中で開かれていた妙な祭りにすこし気になりながら、


「おもさ160キロのヤキソバなんてど〜やってたべるのさ〜? 月夜のニバイのおもさはあるよ」

イブキは指を『V』の形にしながら、


「がんばってたべる!」


「がんばってもど〜にもなんないでしょ、ヘビじゃないんだからタイジュ〜いじょ〜はたべられないでしょ……たべられないよね?」

なぜか考えが揺らぐイブキ。


「――って、ウチの体重八〇キロもないからっ‼︎」


「まあ、それはともかく。きょだいヤキソバはウソだからキタイしちゃダメだよぉ〜」

エイプリルフ〜ルネタにひっかかりまくる月夜だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます