でマ。

いつものバス停にて――


「PSVRが420マンダイとっぱかぁ〜」

イブキがテクノロジ系ニュ〜スの中にあった、そんな記事を読んでいた。


「あんましハヤってるかんじしないけど、ケッコ〜うれてんだぁ〜。タイオ〜ソフトもふえていってるし、もっとフキュ〜するかなぁ〜?」


「そ〜いえば、ワイヤレスかとか5GHzにもタイオ〜するかも? むたいなウワサがキョネンあったけど、いつになるのかな〜? コ〜ドじみにジャマなんだよね〜」

さらなる高性能化を願っているイブキの隣では、


「へぇ〜……そんな裏モ〜ドあるんだ〜」

月夜がなにかの記事を読みながら、そんな声を洩らした。


「カラフルモ〜ドやレインボ〜モ〜ドにできるんだ。これはいいわね」

そんな事を言いながら、なにかを始める。


「えっと……まずは生年月日を二〇〇七年に――」


「月夜、月夜っ⁉︎」


「なによ振り込め詐欺を発見したような顔して」


「まさにだよっ!」


「?」

意味がわからず首を傾げる月夜。


「セ〜ネンガッピを2007ネンにすると13さいミマンになってロックされちゃうよ」


「えぇ! だって、だってホラ、綺麗になってる画像あるわよ」

そういって綺麗に配色されたTwitterの画面を見せてくる。


「そんなんいくらでもカコ〜できるし。ほらコ〜シキがチュ〜イしてるよ」

そういって公式アカウントの注意喚起を見せる。


「ほ、ホントだ……」


「まったく月夜はつりやすいな〜」


「……返す言葉もないわ」


「しりがるだよね!」


「それは違う!」

そう返す月夜だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます