いくにュ〜。

いつものバス停にて――


「レンジを使ってカップ麺をおいしく作る方法?」

月夜がグルメ系アプリの中にあった、そんな記事を読んでいた。


「お湯を多めに注いで、レンジで三分加熱するだけか〜」

できあがりの画像を見ながら、


「容器は踏んでフニャフニャになるケド、生麺のような食感に――へぇ〜……そんな風になるのね〜」

月夜が感心したように洩らす隣では、


「ムネがおっきくなるたべものランキングっ⁉︎」

イブキがそんなアンケ〜ト記事を読んでいた。


「7イはアボカド? へェ〜あれってイイんだ〜。ビタミンEがいっぱいはいっててイイ」

そんなザックリした説明を読む。


「6イはタマゴ。タマゴはいっぱいたべてるけどなぁ〜……」

イブキは毎日手掛けタマゴ料理の数々を思い浮かべる。


「5イはダイズ? イソフラボンがイイ……う〜みゅ……ダイズっていわれてもなぁ〜」

漠然と豆をイメ〜ジする。


「つぎはトリニクかぁ〜……ダルもトリニクはイイっていってたしね〜」

大物メジャ〜リ〜ガ〜を思い出しながら、


「つぎはキャベツ……キャベツかぁ〜あんまとってないかも?」


「2イはト〜ニュ〜。これはまいにちのんでるからへ〜キ!」

下へ画面をスクロ〜ルさせ一位の品を見る。


「1イはギュ〜ニュ〜……」

一位の品を見た途端、不満顔になるイブキ。


「ギュ〜ニュ〜ならまいにちかかさずにリッタ〜でのんでるよっ!」

記事に向かってそういうイブキ。


「つまり育乳してソレなんじゃない?」

月夜はイブキの起伏のない胸を指しながら、そういうのだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます