みきわメ。

いつものバス停にて――


「バイキングとビッフュッフェの違い?」

月夜がグルメ系アプリの中にあった、そんな記事を読んでいた。


「なにかしら? バイキングは昭和の人、ビュフェッフェは平成かしら? 時代によって違うみたいな感じ??」

首を傾げながら、そんな事をいう。


「お店に尋ねると、どちらも定額制、食べ放題、時間無制限と違いわない……どれもウチの好きな字があるわね〜」


「有名なシェフに聞いてみると、バイキングは和製英語でそんな言葉は日本にしかない。へぇ〜……そうなんだ〜。ビュフェッフェはフランス語で立食スタイルを意味している、食べほ〜だいじゃないんだっ⁉︎」

月夜がそんな事に驚いてる隣では、


「イザカヤでミ〜セ〜ネンかど〜かをカオニンショ〜でAIがはんだんするギジュツをジッケンしてた」

イブキがテクノロジ〜系ニュ〜スの中にあった、そんな記事を読んでいた。


「へェ〜……そんなコトしてたんだぁ〜。ジッケンけっかは――90パ〜セントいじょ〜っ! これはかなりのテキチュ〜りつだよねっ‼︎」


「でもアンタが二十歳になっても未成年だと判断されると思うわよ」


「ふふん♪ イブキさんはね〜こっからキュ〜セ〜チョ〜するからへ〜キだモン!」

そういって背や肩幅、胸が急に成長――もはや巨大化といってもいいよ〜な〜姿をイメ〜ジする。


「こんなかんじになるとおも〜よ」

アメコミヒロインの画像をスマホに写して、


「アンタはこ〜なるのには脳移植か改造手術しかないと思う」

画像を見ながら、そういう月夜だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます