きょ〜セ〜。

いつものバス停にて――


「へlェ〜……ミスドってあっためてくれたり、ホイップクリ〜ムのトッピングたのめんだ〜」

イブキがグルメ系アプリの中にあった、そんな記事を読んでいた。


「よやくしてたべほ〜だいできるのはしってるケド……いがいとしらないコトお〜いな」


「なんでメンあるのかな〜? とかさいきんパスタもはじめたよね? そんうちもっといろいろやりそ〜」

イブキがそんな事を言っている隣では、


「ステ〜キ店が牛丼を潰すっ⁉︎」

月夜がそんな記事を読んでいた。


「急速に拡大するステ〜キ店に押されるよう売り上げが急落……たしかにイキナリできるてるしな〜。でも……」

月夜の頭の中で顔が丼で身体はアメコミのヒ〜ロ〜のようなムキムキタイツマンで胸に『牛』と書かれた奇妙なキャラをイメ〜ジする」


そいつはデッカい油揚げのようにも見えるステ〜キ怪人と対峙する。


「やめて! 二人は敵じゃないわっ‼︎」

そういって二体の変なキャラの間に割ってはいる月夜。


「そうよ! 牛丼とステ〜キは共生できるハズ! ウチなら両方食べるわ! ね! 早速、今日いってみない?」


「いや、そんなにたべれないし」

冷静にそう言い切るイブキだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます