ちょコ。

いつものバス停にて――


「セブンのレンジ麺がおいし〜と評判ね」

月夜がグルメ系アプリの中にあった、そんな記事を読んでいた。


「最近のは食べた事ないケド、アレってレンジアップすると伸び伸びであんまり好きじゃないのよね〜……そこら辺が改善されてるのかしら?」

そんな事をいいながら、続きを読み進める。


「とくにスタミナにんにんラ〜メンがおススメ。にんにくとタマゴの味わいがでてて濃厚……一回食べてみようかしら? しめに追い飯をいれる……」

出てきた画像に釘付けになりながら、そんな事を言っている隣では、


「ね〜ね〜月夜」

イブキがスマホで何かを見ながら、


「チョコぶりってなに?」


「チョコぶり? さ〜? なに見てんの?」


「かいてんずしやさんのしんメニュ〜」


「って、ことは鰤か〜……でもチョコって……?」

 月夜はでっかい鰤の形をしたチョコをイメ~ジする。


「誰得よそれ……」


「ほら~バレンタインだから」

 そういうイブキに、


「あっ! ヨ~ショクのさいにエサのなかにチョコをまぜてそだてたのがチョコぶりなんだって~」


「あ~……なるほど……ってそれ意味あんの?」


「レッカがおそいってかいてある」

 両手しっかりと大型スマホ持ちながら、


「へぇ~……チョコ感あるのかしら?」


「レヴュ~にはないって」


「ホントに意味あるのっ!?」

 記事にそうつっこむ月夜だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます