ちょいたシ。

いつものバス停にて――


「おぉ!」

イブキがテクノロジ〜系ニュ〜スの中にある、なにかを見つけ瞳を輝かせる。


「ジュ〜デンちゅ〜にマホ〜ジンがかがやくワイヤレスじゅ〜でんダイ!」

そんな厨二心をくすぐるアイテムの記事を読んでいた。


「マホ〜ジンのチュ〜シンにスマホをおくと、そとがわのモジがかがやきだし、すべてのモジがかがやくとジュ〜デンがかいしされる! しかもコ〜カオンつきっ!」

明らかに無駄な機能に瞳を輝かせるイブキ。


「いいね! こ〜ゆ〜アイテムすきだよ」

イブキがそんな事を言っている隣では、


「ペヤングの中にコ〜ンス〜プをいれるとおいしくなる?」

月夜がグルメ系アプリの中にあった、そんな記事を読んでいた。


「普通にヤキソバを作った後にス〜プをながしこむだけ……ス〜プは紙パック、缶、粉末なんでもいい。ふ〜ん……本当においし〜のかしら?」

疑いながらも続きを読み進める月夜。


「う〜ん……見た目はダメね」

ヤキソバのうえに黄色液体がのっかった画像を見ながら、


「ヤキソバの具にコ〜ンはあるケド……本当に合うのかしら? コ〜ンス〜プはスパイスと相性がいいからスパイスのきいたヤキソバとは合う……そっか〜……じゃ、牛丼にも合うかしら?」


「あわないでしょ!」

唐突にでてきた物にそう言ってしまうイブキだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます