しんぎゅらりてィ。

いつものバス停にて――


「牛丼屋の福袋ね〜」

月夜が肉まん片手にそんな記事を読んでいた。


「とりあえず値段と同じ額のク〜ポンとオリジナル弁当箱に箸とケ〜ス……ク〜ポンの時点で元はとれるケド……牛丼はなしか〜三杯ぐらい入れといてくれたらいいのにな〜……」

黒いオリジナル弁当箱と箸の画像を見ながら、


「2050ネンまでにシンギュラリティがくると90パ〜セントのヒトがカイト〜」

イブキがテクノロジ〜系ニュ〜スの中にあった、そんな記事を読んでいた。


「なんだろ? シンギュラリティって」

イブキの脳裏になぜかゴジ◯が暴れまわる姿が浮かぶ。


「カイジュ〜かな? シンギュラリティ……」

そんな事を言いながら記事の先を読み進める。


「シンギュラリティ――ギジュチテキトクイテンとはジンコ〜チノ〜がジンルイのチエをぬいたときのコトをいう……そうなんだ。で、90パ〜セントのヒトが2050ネンまでにくるっておもってんのか〜」


「二〇五〇年もかかるかしら? アンタよりスマホのほうが賢そ〜だケド」


「ふふん♪ イブキさんにかてるコンピュ〜タ〜なんかいないよ」


「ゲ〜ムの話しでしょ?」


「ゲ〜ムがいちばんジンルイとキカイがバチバチにたたかいあってるから!」


「でも機会が人類を超える可能性があるなら――」

少し考えた後、


「牛丼をさらに進化させる事ができるかもしれないわね〜……もし人が思いつかないような牛丼を作ったらウチが認めるわ!」

牛丼の未来を人工知能に託す月夜だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます