あるキ。

いつものバス停にて――


「お得な福袋か〜……」

月夜がグルメ系アプリを見ながら、


「もう今年も終わりよね〜……牛丼がもっさり入った福袋とかないかしら?」

そんなアブラまみれの福袋を望んでいる月夜の隣では、


「10だいから30だいまでの30パ〜セントがあるきスマホをきにしない?」

イブキがテクノロジ〜系ニュ〜スの中にあった、そんな記事を読んでいた。


「スマホもってるヒトにアンケ〜トしたトコロ、やくハンス〜があるきスマホしたコトがあるとカイト〜……まあ、そうだよね。ガッチリやるかど〜かはこじんさがあるけど、ちょっとみたテ〜ドをいれたらみんなやってるよね〜」

急にきたメッセ〜ジの確認や天気や道の確認をするために歩きながらスマホ使った自分の姿をイメ〜ジしながら、


「こんだけやってるヒトがいんだから、キセ〜じゃなくってあるきスマホできるシャカイにしてけべきだとおもうな!」


「ど〜やんのよ?」

呆れ顔で聞いてくる月夜。


「ティ〜キャスだよティ〜キャス! クウチュ〜ショ〜トツぼ〜しそ〜ちをぜんスマホにないぞ〜して、ぶつかりそ〜になったらガメンがレ〜ダ〜がめんみたくなってカイヒするよ〜にするんだよっ!」

どうだとばかりに言い切るイブキ。


「でも、それだとフツ〜の電柱にぶつかんない?」


「た、たえるモン!」

スマホをもっていない物や人のことを考えていないイブキだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます