くセ。

いつものバス停にて――


「スマブラがニュ〜ユ〜ザ〜にきびしいシヨ〜だとコサンとシンキがtwitterでジョ〜ガイラント〜ちゅ〜?」

イブキがゲ〜ム系ニュ〜スの中にあった、そんな記事をよんでいた。


「そっか〜……たしかに『しょ〜ジャンプ』や『スマッシュ』とかちょっとしたソ〜サあるモンね〜。まえからやってるヒトからはカンタンでしょっておもうけど……ショケンさんだとケッコ〜わっかんないヒトもおおいんだよね」

言われてみれば……的な表情で、


「きほんちゅ〜のきほんはたしかにないかな〜……? さいきんのゲ〜ムはイッショ〜とかジョショ〜とかが、そのまんまチュ〜トリアルになってるコトお〜いからね……まあ、ヒットさくじゃしかたないかもね〜」

イブキがそんな事を言っている隣では、


「綺麗好きな男性が肺真菌に感染したのはある癖のせい?」

月夜が年末の大掃除に向けて情報を集めていたら、そんな記事にたどり着いた。


「なにかしら? 癖ね〜……??」

少し考えて、


「ぜんぜんわかんない」

 見当もつかないと諦め、続きを読み進める。


「肺真菌に感染した癖とは帰宅後に自分に靴下の臭いを嗅ぐ事……?」


「あ~……いるいる。せんたくのまえにコ~キシンでニオイかぐぐヒトいるよね~」


「そんな事する人いんのっ!?」


「おどろいてるけど月夜もやってるでしょ? せんたくまえにパンツのにおいかいだり」


「しないわよっ! 変なイメ~ジ植え付けないでよっ!!」

 そういって全否定する月夜だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます