て~きけン。

 いつものバス停にて――


「VRレ~シングゲ~ムのサイバ~フォ~ミュラかぁ~」

 イブキが流線形のメカメカした車の画像を見ながら、


「Steamのゲ~ムでド~ジンだけど、メ~カ~のコ~ニンをえてセ~サクされたゲ~ムかぁ~……おっ! 12ガツ12ニチはんばい。も~でてんだ! VRゲ~ムってコトはのってるかんじになんのかな~?」

 イブキが新しいゲ~ムの記事を読んでいる隣では、


「毎日焼肉が楽しめる『焼肉定期券』っ!?」

 月夜がグルメ系アプリの中にあった、そんな記事を読んでいた。


「いいじゃない! 毎日、焼き肉ざんまい……」

 なぜか回転寿司チェ~ンの社長がやるポ~ズをしながら、


「対象のコ~スは二つ『お腹いっぱい食べたい』と『美味しい希少部位少しづつ食べる』コ~ス……『美味しくて希少な部位をお腹いっぱい食べる』コ~スはないのかしら?」

 月夜がそんな無茶な事をいう。


「一日一回ってのがね~……でも、そのおかげで合間に牛丼も楽しめるからいいケド……あとはお金よね~……」


「定期ね~……そっか! 通学用の定期をやめてこっちにして学校までは走れば――」


「月夜なにいってんの?」

 暴走しそうとする月夜をやんわり止めるイブキだった、

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます