どらいぶさぽ〜ト。

いつものバス停にて――


「ニンテンド〜オンラインって300エンのわりにサ〜ビスいいよね〜」

イブキがゲ〜ム系ニュ〜スを読みながら、そんな事を言っていた。


「ネットたいせんはムリョ〜でできるよ〜にしてほしかったけど、セ〜ブデ〜タをネットほぞんしてくれたり、レトロゲ〜ムがいっぱいあそべるのはポイントたっかいよねっ!」


「まかいむらやアイスクライマ〜、ゼルダがあそべんなら300エンはらうかな〜ってきになるよ! もうちょっとソフトのかずはおおくなったら、みんなもそ〜おもうよ〜になるかな〜?」

イブキがそんな事をいっている隣では、


「人気ボ~カロイドの初音ミクがサポ~トするクルマ?」

 月夜テクノロジ~系ニュ~スの中にあった、そんな記事を読んでいた。


「へェ~……ミクさんそんなコトもやんだ~」

 イブキが感心したように、


「仕事選べなくて大変よね~」


「そこはリョ~リツするよ~にうたいながらサポ~トすんじゃない?」


「まあ、購入者もそっちのが望んでるかもね」


「いや~もしなんかのまちがいで月夜がおなじよ~になったらタイヘンなコトになるかも?」


「ど~ゆ~意味よ」


「ナビがギュ~ドンやしかアンナイしなさそ~じゃん」


「アンタだって似たようなモンでしょ! ゲ~センにしかナビできないとかさ~」


「いやいや。イブキさんなら『インドじんをミギに』テ~ドしかいわないよ」


「インド人?」

 昔の人気ゲ~ム雑誌が放った迷言に首を傾げる月夜だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます