そっくス。

 いつものバス停にて――


「な、なんて……事なの……」

 月夜がグルメ系アプリを読みながら、驚愕に身体を震わせていた。


「ステ~キとトンカツのコンビなんて……ゴ~ルデンコンビじゃないっ!!」

 月夜の脳裏に『南葛』と描かれたサッカ~のユニフォ~ムを着た少年がダブルシュ~トを決めるシ~ンをイメ~ジする。


「琉球ロ~スステ~キとトンカツ、ゴハンに味噌汁ボリュ~ムは満点ね。お店が神戸か~……微妙に遠いうえになかなか行く用もないわね~……」

 月夜がそんな事を言っている隣では、


「ロンドンでジブンのはいたくつしたをうって1400マンエンかせぐショ~ジョがあわられるっ!?」

 イブキがそんな如何わしい記事を読んでいた。


「う~みゅ……こんなんイブキさんがやったら1オクはいくだろ~なぁ~……」

 なぜかそんな自信過剰な事をいうイブキ。


「アンタの履いたモンなんて誰が買うのよ」


「え~! たかねつくとおも~けどなぁ~……やんないけど」

 月夜の言葉にそう返した後、


「でもさ~。よくこんなんかうよね~」


「そ~ね」


「だって、ホントにはいたわかんじゃん? ぜったいなかにはそのままシンピンおくっただけのものあるよっ!」


「そこは……なんか……ワザと汚れを……」


「へェ~……そなんだ。月夜はよくしってるな~」


「なんかど~もシックリこない褒められ方ね」

 複雑な表情でそう洩らす月夜だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます