なかミ。

 いつものバス停にて――


「う~みゅ……ついにリックがタイジョ~しちゃったかぁ~……」

 イブキが洋ドラのあらすじを見ながら、


「ハイユ~のケ~ヤクじょ~きょ~でキャラのセイシがわかっちゃうのは……しかし、おなかにテツのボ~がカンツ~してス~ヒャクタイのゾンビにかこまれてんのに……あ~ゆ~テンカイになって、さいごあ~なっちゃうとはね~……で、さいごにジュディスがっ!?」


「んで、リックがシュヤクでテレビえ~がハッピョ~だかんね~」

 イブキがそんな事を言っている隣では、


「ランチパックといきなりステ~キがコラボ……」

 月夜がグルメ系アプリの中にあった、そんな記事を読んでいた。


「これは……くるかしらね……ステ~キパンっ!!」

 月夜はサ~ロインステ~キがまるご中にはいったフランスパンのように横長い物をイメ~ジする。


「ランチパックのもろい生地の中から冷たく噛みきりにくいステ~キが……なんか、あんまりおいしそ~じゃないわね」

 月夜はランチパックにかみついて『ング、ング』と噛み切れない自身の姿をイメ~ジする。


「ハンバ~グってかいてあるよ」

 横からイブキが商品の画像を見せてくる。


「えぇ! なんでステ~キじゃないのっ!? いきなりステ~キなのに、ハンバ~グってっ!?」


「いや。月夜がイメ~ジしたみたいにたべにくいからでしょ」

 呆れ顔でそう返すイブキだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます